ここから本文です

堂安、伊東、久保… “パートナー”の酒井宏樹は熾烈な右サイドハーフ争いをどう見た?

10/15(火) 17:20配信

Football ZONE web

酒井の合わせの意識は「その時のフィーリング」 理由は「みんな才能ある選手なので」

 森保一監督率いる日本代表は、15日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地タジキスタン戦に臨む。10日のホーム・モンゴル戦(6-0)で先発出場したMF伊東純也(ヘンク)が3アシストの活躍を見せ、右サイドハーフのポジション争いが熾烈さを増しているが、MF堂安律(PSV)、MF久保建英(マジョルカ)、伊東の3人と右サイドで縦関係を築いた経験を持つDF酒井宏樹(マルセイユ)は、「その時のフィーリングで決めている」と“合わせのスタンス”について語った。

【動画】酒井宏樹、”多彩クロス”から敵地タジキスタン戦で2アシスト

 10日のW杯予選モンゴル戦、森保ジャパンはMF南野拓実(ザルツブルク)ら6人がゴールを挙げて6-0で快勝。右サイドハーフで先発出場した伊東が3アシストと輝きを放ったなか、同じサイドでコンビを組んだ酒井も前半40分にバックヒールで伊東につなぎ、FW永井謙佑(FC東京)への絶妙クロスを引き出している。

 右サイドハーフは森保ジャパン発足当初からレギュラーを務めてきた堂安に加え、伊東、さらには18歳の久保と競争は熾烈を極めている。それぞれ特徴が異なり、対戦相手に応じたチョイスが可能だが、実際に同じピッチでプレーしている選手にはどのように映っているのか。右サイドバックの主力である酒井は次のように証言する。

「みんな才能のある選手なので、それぞれのいいところだけが出るように、逆に悪いところをしっかり補えるようにやっていければいい。(彼らと組むうえでの意識?)基本的にはもう試合中に決めています。相手の出方も踏まえて、その時のフィーリングですね」

 パワフルなドリブルを武器とする堂安であれば、中へカットインしてシュートを狙う形が多く、駆け上がってサイドのスペースを使うのが効果的。2018年10月の国際親善試合ウルグアイ戦では、セットプレーのこぼれ球を拾った堂安とワンツーを完成させ、初ゴールをアシストしている。逆に伊東の場合は、モンゴル戦でもあったように、スピードを引き出すように抜け出しや崩しに導き、クロスを上げるシーンを陰でサポートしていた。久保とはまだ、9月のW杯予選ミャンマー戦(2-0)の10分間しかピッチ上では共闘していない。それでも、18歳のレフティーはトップ下にも対応できる卓越したテクニックを誇るだけに、酒井としても合わせやすいだろう。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 12:41
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事