ここから本文です

ウクライナ、3大会連続のEURO本大会出場決定。フランスとトルコの首位決戦はドロー

10/15(火) 7:20配信

フットボールチャンネル

 現地時間14日、欧州各地でEURO2020予選が行われウクライナ代表が本大会出場を決めた。

【写真】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 B組のウクライナ代表は、ポルトガル代表と対戦し2-1で勝利した。前半に2点リードしたウクライナは72分にクリスティアーノ・ロナウドに得点を決められるも1点を守り切り勝利。この結果ウクライナの3大会連続3回目の本大会出場が決まった。

 なおポルトガルは2位だがセルビアとの勝ち点差はわずか1、しかもセルビアの方が1試合多いということもあり2位争いが注目だ。

 首位決戦となったH組のトルコ代表とフランス代表の一戦はホームのフランスが76分にジルーのゴールで先制するも、終了間際の81分にセットプレーから失点し手痛いドローとなった。その他、イングランド代表は敵地でブルガリア代表と対戦し6得点で圧勝、グループAで首位をキープした。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/15(火) 7:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事