ここから本文です

C・ロナウド、キャリア通算700ゴール達成に喜び。「誰でもこの記録に到達できるわけではない」

10/15(火) 17:30配信

フットボールチャンネル

 EURO2020予選グループリーグB組、ウクライナ代表対ポルトガル代表の試合が現地時間14日に行われた。この試合で、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算700ゴールを達成した。試合後に喜びを語っている。スペイン『アス』が現地時間の15日に報じた。

【写真】クリスティアーノ・ロナウドのランクインはあるか? プレイヤー能力値ランキング

 C・ロナウドはウクライナ代表戦で先発出場。同選手は、0-2で迎えた72分にPKを決めた。これにより、C・ロナウドはヨーゼフ・ビカン氏(805ゴール)、ペレ氏(779点)、ロマーリオ氏(748点)、フェレンツ・プスカシュ氏(709点)、ゲルト・ミュラー氏(701点)に続き、史上6人目のキャリア通算700ゴールを達成した。

 インタビューに答えたC・ロナウドは「誰でもこの記録に到達できるわけではない。僕がこのような記録を達成できる選手になるまでに助けてくれたチームメイト、仲間、スタッフに感謝するよ」と喜びを語りつつも、ウクライナ代表戦での敗戦については「僕は勝てなかったことに失望している。でも、チームを誇りに思うよ」と話した。

 C・ロナウドは、引退までにいくつゴールを積み重ねることができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/15(火) 17:30
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事