ここから本文です

ラグビー日本代表ユニホームが売り切れ続出 追加生産は未定

10/15(火) 18:00配信

WWD JAPAN.com

「ラグビーワールドカップ2019」で日本代表が決勝トーナメント進出を決めたことを受け、レプリカジャージー(ユニホーム)が売れに売れている。

【画像】ラグビー日本代表ユニホームが売り切れ続出 追加生産は未定

日本代表のジャージーを手掛けるカンタベリーオブニュージーランドジャパンの直営店では、9月28日に行われたアイルランド代表戦(1次リーグ2戦目)後から欠品が目立ち出した。その後、10月5日のサモア代表戦(1次リーグ3戦目)の勝利が売れ行きに拍車をかけ、13日のスコットランド代表戦(1次リーグ最終戦)を前に店頭の90~95%が売り切れたという。現在、ビッグサイズやキッズサイズの在庫は一定数あるが、通常サイズはほぼ完売。公式オンラインストアではビッグサイズ・キッズサイズも軒並み完売している。2次流通市場でも人気が高く、定価1万800円の通常サイズのものが2万円前後で取り引きされる例も見られる。

同社はラグビー人気の上昇を見込み、今大会仕様のレプリカジャージーを20万着生産していた。これは通常の15倍に相当するが、「予想以上に人気が拡大し、追いついていない」と同社の親会社ゴールドウインの担当者は語る。今後、日本代表の決勝トーナメント進出により注目度がさらに高まることは間違いないが、大会期間中に販売できるかといった課題もあり、「追加生産は未定だ」という。

日本代表は10月20日にB組2位の南アフリカと準々決勝を戦う。

最終更新:10/18(金) 1:14
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事