ここから本文です

金銭感覚はどう育てる? 幼い頃から家庭で取り組める「お金の教育」

10/16(水) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

社会人になってから、「なんで誰も教えてくれなかったの?」と強く思ったことのうちの1つがお金についての知識です。

(いや、正確に言えばおそらく学生の頃に授業で教わったこともたくさんあるのでしょうが、当時の私にはピンときていなかったのでしょう…。)

「お金が全て」とまでは言いませんが、やはり私たちの生活になくてはならないものであるのは間違いありません。

先日目にした「The Telegraph」に掲載されていたある研究によると、キャッシュレス決済の急激な加速によって、45歳以下のロンドン市民1/5が借金の返済に苦しんでいるとのこと。

今後ますますエスカレートしていくキャッシュレス社会において、私たちは子どもたちにどのようなマネーリテラシーを身につけさせれば良いのでしょうか?

まずはお金の価値について理解させる

「The Telegraph」で紹介されていたケンブリッジ大学の研究では、子どもは7歳くらいまでの間にはお金の概念を理解し、仕組みの細かな部分についても理解しはじめるようになるということが明らかになっているそう。

え、そんな早いうちから!?

とはいえお金ってなかなかデリケートな話題。小さな子どもにいったい何から話せばよいのか、なかなかハードルが高いような気がします。

幼少期におけるマネー教育の開発や支援を手掛けるエヴァンス氏は同記事内で次のように話しています。

大切なのはなにより、お金は「懸命な労働の対価」であり、大変な努力があって初めてお金を手にすることができる、ということを子どもに理解させることなのです。

「The Telegraph」より翻訳引用

これってすごく基本的なことに聞こえますが、確かにお金が手元に見えづらくなってきている今の時代だからこそ、この概念をきちんと理解しているかどうかがこれまで以上に重要になってくる気がします。

できれば子どもたちに両親の職場を見学させたり、実際働いている姿を生で見せる、というのも実感が湧きやすくて良いかもしれませんね。

自分たちが学校に着ていく洋服も食卓のおかずも、休みに出かけるレジャーも、全てそうした両親の努力あってこそのものだと理解させるのです。

エヴァンス氏は、「お金について理解することが、今身の回りに置かれている環境や自分の持っているものに感謝の念を持たせることにも繋がる」とも述べています。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 10:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事