ここから本文です

小島健輔が指摘『優等生ユニクロに残された課題』

10/16(水) 5:00配信

商業界オンライン

 ファーストリテイリングの19年8月期決算は国内ユニクロの上半期の苦戦を海外ユニクロとジーユーの好業績がカバーして過去最高の業績となった。決算説明会では国内ユニクロのEC売上高が32.0%増の832億円、グローバルでは2583億円と発表して『ECを本業にする』と宣言したが、EC売上高はグローバルSPA最下位に甘んじており、課題の克服が急がれる。

 

ほぼ満点の優等生決算だが

 ファーストリテイリングの19年8月期連結決算は売上収益が7.5%増の2兆2905億円、営業利益が9.1%増の2576億円と過去最高業績を更新。売上総利益率こそ48.9%と前期から0.4ポイント低下したが、RFIDタグの導入やセルフレジの拡大で販管費率を0.1ポイント改善して増益を確保した。

 国内ユニクロこそ売上収益が0.9%増の8729億円と足踏み、営業利益は13.9%減の1024億円と減益となったが、海外ユニクロの売上収益が14.5%増の1兆260億円、営業利益も16.8%増の1389億円といずれも国内ユニクロを上回り、ジーユーも売上収益が12.7%伸びて2387億円、営業利益が139.2%伸びて281億円と過去最高を記録し、国内ユニクロの伸び悩みを補った。

 海外ユニクロもグレーターチャイナの売上収益が14.3%増の5025億円、営業利益が20.8%増の890億円と好調を継続する一方、欧州は売上収益が1000億円に達して増収増益、北米も赤字が大幅に縮小と、懸案が一つ一つ片付いている。そんな中、『ECを本業にする』と宣言しながら課題を残しているのがECだ。

グローバルSPA最下位の返上

 わが国アパレルのEC売上首位は国内「ユニクロ」で19年8月期は前期から32.0%増の832億円を売り上げ、EC比率は前期の7.3%から9.5%まで上昇したが、絶対売上額でもEC比率でもグローバルSPAでは最下位に甘んじている。

 最新本決算におけるEC売上首位はINDITEX(ZARA主体)の4173億円(32億ユーロ)でEC比率は12.2%、次位はH&Mの3874億円(305億SEK)でEC比率は14.5%、3位はGapの推計3660億円(33.2億ドル)でEC比率は20%。ファーストリテイリングは最下位で、19年8月期の世界売上高は2583億円、EC比率も11.6%にとどまる。

※各社決算期平均の為替レートで換算しているが、SEKは新興国通貨並みに振れが大きい。

 とはいえ、グローバルEC売上高のこの8年間の平均伸び率は31%と来期の3200億円(23.9%増)という目標に無理はないし、期限は明らかにしていないがEC比率30%という目標もECになじむベーシック商品ゆえ無理なく到達するだろう。それでも最下位脱出が難しいのはライバル他社もECを伸ばしているからだ。前期でINDITEXは27%(前々期は41%)、H&Mも22%伸ばしている。

 実はグローバルSPAでECを始めたのは98年のGapを除けば00年の「ユニクロ」が早く、H&Mは10年、INDITEXは11年からだ。なのにH&MやINDITEXに追い抜かれたのはどうしてだろうか。国内ECの初期の戦略ミスが大きかったように思われる。

1/6ページ

最終更新:10/16(水) 5:00
商業界オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事