ここから本文です

トリンドル玲奈がバーチャルYouTuber演じるMV 世界で再評価進む竹内まりや「Plastic Love」カバー

10/16(水) 7:31配信

KAI-YOU.net

バーチャルYouTuber(VTuber)として活動するシンガーのEMMA HAZY MINAMI(エマ・ヘイジー・ミナミ)さんが自身初のカバーアルバム『Cover Selection1-Midnight Lady』を10月16日にリリースした。

【画像】トリンドル玲奈が演じた女性VTuber

世界の音楽シーンで再評価が進む日本のシティ・ポップ。そんな名曲から「都会の大人の女性」をテーマに選曲した全7曲を、原曲を独自の解釈で現代風のサウンドにアレンジ。各種音楽DLサービスにて販売開始されている。

また、リリースに合わせてトリンドル玲奈さんが主演しEMMAさんの実写化に挑戦をした「Plastic Love」のMVがEMMAさんのYouTubeチャンネルにて公開されている。

バーチャルクラブシンガー・EMMA

EMMAさんは胸を打つ歌声で聴く者を魅了するVTuber。2018年11月のデビュー以来、YouTubeやライブでシティポップのカバーやオリジナルソングを披露してきた。デビュー1周年を迎える11月22日(金)には「EMMA's BAR in TOKYO@Billboard cafe & dining」と題した記念ライブも予定されている。

カバーアルバムのリリースに合わせて開催したクラウドファンディングでは目標150万円に対して200万円を集めた。支援によってCDやレコード、オリジナルグッズが制作中で、数量限定で予約も受け付けている。

楽曲でEMMAさんの歌声に華を添えるのは、彼女の活動を初期からサポートしてきたA augさんによるアレンジ。さらにMIXエンジニアとして米津玄師さんや凛として時雨も手がける釆原史明さんが脇をかためる意欲作、そのアートワークをSaigetsuさんによるノスタルジックな都会の夜景が彩る。

VTuberを実写化したMVに注目

リリースに合わせて公開されたMVはトリンドル玲奈さんのほか、共演にモデルで俳優の平井亜門さん、監督に崎山蒼志さん「国」のMVを手掛けた松本花奈さんという豪華な面々で制作された。

「Plastic Love」は35年前に発表され、YouTubeでも累計3000万回以上再生された竹内まりやさんの名曲。そんな原曲の世界観が再解釈され東京の夜を舞台とした映画仕立ての美しい映像に仕上がっている。

主演としてEMMAさんの実写化に挑戦したトリンドル玲奈さんからは「EMMAさんの歌声は良い意味ですごく人間らしいというか、実写のミュージックビデオになっても違和感なくスッと歌詞が入ってくるなと思ったので、私が演じさせて頂くことで、よりEMMAさんの歌の魅力が引き立てば嬉しいなと思います!」とのコメントが届いている。

ゆがみん

最終更新:10/16(水) 7:31
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ