ここから本文です

苦労と努力で今がある。まだ誰も知らない、谷まりあのすべて

10/16(水) 19:01配信

NET ViVi

まりあは自分のこれまでを“シンデレラストーリーじゃない”と言うけれど、意外とピッタリな言葉かもしれない。それは生まれながらのプリンセスじゃなく、物語のシンデレラのように逆境を努力で乗り越えて、キラキラ輝く自分をつくってきたから。まだ誰も知らない、仕事、恋、夢、ViViのこと……、谷まりあのイマを語り尽くしてもらいました。

>>オリジナル記事を読む! 苦労と努力で今がある。まだ誰も知らない、谷まりあのすべて

それなりに苦労と努力をしてきた

シンデレラストーリーなんて言われるけど、ViViモデルになれたのも、大学を卒業したのも、全部それなりに苦労してきたから。努力をしてきた自信があるの。だから、私にしか伝えられないことがあると思うし、「語るまりあ」って聞いたとき、これはチャンスだと思った。

自分がやったことが誰かの励みになるってすごい

早稲田大卒のViViモデル。才色兼備で、誰もが憧れる存在のまりあだけど、本人は決してそんな風には思っていない。まずは今に至るまでの、“これまでのコト”からまりあは語りはじめた。

「実はね、芸能活動をはじめたのは中学生の頃なの。だけど知名度もなかったし、高校卒業と同時に芸能の道は諦めようと思って。だから受験勉強をはじめた時は、もうモデルもタレントも引退して、大学に行くしかなかった。アナウンサーになりたいな~なんて、別の道も考えてて。でも浪人生の頃にViVi nightへ行ったら、たまたま今の事務所にスカウトされたんだよね。その頃、勉強の息抜きにやってたインスタのフォロワー数も、こだわって更新してたら徐々に増えはじめて。インスタでは浪人生ってことを言ってなかったから、“早稲田に受かりました”って投稿した時に、“希望をもらいました”とか、思ってもみなかったDMがたくさん来たの。すごく嬉しかったな~! だって自分がやったことが誰かの励みになるってすごくない? そんな幸せなことってある? 芸能活動をまたやろうと思えたのは、そんな風に誰かをHAPPYに出来たらイイなって気持ちからなんだよね」

自分が頑張ってきたことが武器になって、今の自分につながった

予想外のチャンスがやってきて、仕事と勉強の両立がスタート。大学に入学するや否や、ViVi専属モデルと『世界の果てまでイッテQ!』への出演が同時に決まり、ジェットコースターのような4年間が始まった。そして4月に大学を卒業――。今の気持ちを「すごくポジティブになった!」と明るく続ける。

「大学を卒業してから、すっごく変わった! 仕事と勉強の両立が当たり前だったから、それを苦とも思ってなかったけど、卒業式が終わったら、なんだかすごくホっとして。それに、これからは全部自分で頑張っていこう!って、仕事をさらに楽しめるようになったの。楽になったわけではないけど、余裕ができたのかな。今は、すごくポジティブな気持ちで溢れてる! これまで何度も挫折してきたし、苦しんで苦しんで、もうやっていけないって思ったこともあった。でもね、結果的に勉強もSNSも自分が頑張ってきたことが武器になって、今の自分につながったんだなって気づいたの。だから、努力したら夢が叶うよ!ってことを、私は身をもって伝えられるはず。正直、『語るまりあ』って企画名を聞いた時も、“あ、私全然語れるな”って思ったよ(笑)。もう、どんな質問でも来いって感じ!」

1/3ページ

最終更新:10/16(水) 19:01
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事