ここから本文です

おでこに「ニキビ」ができる理由と治し方

10/16(水) 21:02配信

ウィメンズヘルス

厄介なおでこのニキビ。なんとかして治したいと願うあなたは、決して1人じゃない。 

Tゾーン(額・鼻・顎)は、顔の中で最も皮脂が分泌される部分であるのに加え、生え際は毛包のサイズが一番大きい傾向にあるため、おでこにニキビができる環境が整っている。

【写真】髭や帽子、タオルも要注意!? 「ニキビ」ができる意外な理由5

でも、どうしてニキビができるの? 直ぐに治す方法はある?

そこで今回は、おでこにニキビができる根本的な原因とその治療法について、イギリス版ウィメンズヘルスが専門家に聞いてみた。

どうしておでこにニキビができるの?

ずっと昔から存在する人々の疑問、

”おでこにニキビができるのはなぜ?”

結論から言うと、ホルモンバランスの乱れや、今使用しているヘアケア製品など、ニキビの原因は人によりそれぞれ異なる。

まずは、ニキビができる根本的な原因を探ることが、治療に取り掛かる大切な第一歩となるよう。

理由1. ホルモンバランス

「妊娠中や月経によるホルモンバランスの乱れは、肌の状態を悪くします」と話すのは、フェイシャルクリニック「Regents Park Aesthetics」に勤務する診療看護師のケイ・グリーブソン。

おでこにニキビができやすい人は、「ストレスがニキビの状態をさらに悪化させる」事実を知っておいたほうがいい。

ヘルスケア・クリニック「Bupa Health Clinic」に勤務する皮膚科専門医のステファニー・ムン医師が言うには、コルチゾールとアンドロゲン(ストレスホルモン)が毛穴を詰まらせてしまうため、ニキビができやすくなるそう。

理由2. 髪の毛

一般的におでこのニキビは、頭皮が脂っぽかったり、特にTゾーンが脂性肌な人にできやすい。

「前髪を下ろしていると、髪の毛が額に触れて炎症が起こるので、ニキビを招く可能性は十分に考えられます」と話すのは、民間病院「Cadogan Clinic」に勤務するコンサルタント皮膚科専門医のアンジャリ・マト医師。

「脂っぽい髪の毛であれば尚更ニキビを悪化させます」と補足。

また、ヘアケア製品がニキビの原因となっている場合もある。ココナッツオイルやココアバター、ジェル、ポマードが配合された製品は、残念ながら、額に過度な皮脂分泌を促し、毛穴を詰まらせてしまうよう。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 21:02
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい