ここから本文です

フィレンツェで巡りたい、フェラガモゆかりのアドレス。

10/16(水) 19:50配信

フィガロジャポン

フィガロジャポン最新号「しあわせになるイタリア旅。」でも紹介しているトスカーナ州フィレンツェは、フェラガモが創業した地であり、現在ではフラッグシップショップや自社ミュージアムのみならず、ホテルやレストランなども運営されている、縁の深い場所だ。フィレンツェを訪れるなら、そんなフェラガモの美学が感じられるスポットをぜひ訪れて。

掲載スポットの画像をもっと見る。

1. Hotel Lungarno ホテル・ルンガルノ

一年中観光客で賑わうフィレンツェだから、旅の日程が決まったら、まずはホテル・ルンガルノを予約。フィレンツェの象徴、アルノ川とヴェッキオ橋の眺めを楽しめるこのホテルは、コクトーやピカソの作品も含む、400点もの現代アートコレクションが自慢。イタリアの粋が随所に感じられる、モダンでスタイリッシュな客室で寛ぎながら眺めるフィレンツェの街の美しさは、一生忘れられない旅の想い出になるはず。

<Hotel Lungarno>
Borgo San Jacopo 14, 50125 Florence
tel:+39-055-27261
全65室
宿泊料:Hotel Lungarno Rooftop Terrace Suite River View 1泊1室2,500~4,500ユーロ、Hotel Lungarno Designer Suite River View 1泊1室3,600~6,000ユーロなど。 ※税別
www.lungarnocollection.com/hotel-lungarno

2. Il Borro Tuscan Bistro イル・ボッロ・タスカン・ビストロ

フィレンツェ郊外にある貴族の館を改装した「イル・ボッロ」は、ブランド創設者サルヴァトーレ・フェラガモの長男、フェルッチオ・フェラガモが所有するワイナリーレストラン兼宿泊施設。そこの直営レストラン「イル・ボッロ・タスカン・ビストロ」では、フェラガモ家のワイナリーで生産された貴重なワインを、トスカーナの伝統料理とともに味わうことができる。アルノ川が見えるテラス席もあり、ランチやディナーはもちろん、アペリティーボも楽しめるのが魅力。

<Il Borro Tuscan Bistro>
Lungarno Acciaiuoli 80r 50123 Florence
tel:+39-055-290423
営)11時~23時
不定休
www.ilborrotuscanbistro.it

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 19:50
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事