ここから本文です

止まらない東京への一極集中、政令指定都市からの20~24歳の女性の転入が目立つ

10/16(水) 11:52配信

@DIME

東京への一極集中が止まらない。男女別にみると、2009年以降は女性が男性を大幅に上回り、特に20~24歳の女性が多く転入しているという。

その理由はいったい何なのか?また、東京23区のうちどの区を選んでいるのかについて追求した「グローバル都市不動産研究所(以下、同研究所)」による分析・調査の結果を紹介していきたい。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

東京都に 20~24歳の女性が多く転入している。地方⇒政令市⇒東京の流れ
■3大都市への人口流入・流出の状況(2018年)
3大都市(東京都・大阪府・愛知県)への転入・転出超過数を見ると、東京都は8万2,774人の転入超過となっており、前年に比べ7,276人拡大している。一方、大阪府は5,197人の転入超過、愛知県は2,159人の転入超過となった(図1)。

東京都は1997年以降、22年連続で転入超過している。一方、大阪府および愛知県の転入超過数は2009年以降1万人を超えることがなく、東京都への人口集中が加速していることが分かる。



■東京都への人口流入の状況、女性が男性を大幅に上回る
東京都への転入超過数は2009~2012年は一旦落ち込んだが、その後急激に増加している。男女別に見ると、1997年以降の男女の転入超過数はほぼ同数だったが、2009年以降は女性が男性を大幅に上回るようになった。(図2)。



東京都への転入・転出超過数を年齢階層別にみると、15~29歳の年齢階層が大きく転入超過となっている。これは進学・就職を機に東京都に流入したことが想定される(図3)。



20~24歳の年齢階層に着目すると、この年齢階層の女性を中心に転入が年々増加し、転入超過数も女性(30,667人)が男性(25,216人)を大きく上回っている。この結果から、20~24歳の女性の転入が、東京都への転入超過数増加の重要なポイントとなっているといえる(図4)。



■地方から政令市へ、政令市から東京都へ
地方の中心的な都市である政令指定都市(札幌市、仙台市、名古屋市、京都市、大阪市、岡山市、広島市、福岡市など)では、地方の郊外から人口が流入している。

しかし、政令市からも東京都に対して転出超過となっている。とくに札幌市、仙台市、福岡市などでは女性の転出超過が高い結果となった(図5)。大学進学を機に政令市に引っ越し、就職のときには東京都に転出していくパターンが多いと推測される。





女性の上京理由は「東京で暮らしたかったから」、「親元や地元を離れたかったから」が多い
20~24歳の女性の転入が、東京都への転入超過数増加の重要なポイントであることを分析してきたが、同研究所ではさらに20~24歳の女性が東京を目指す理由や上京の際に重視している点について調査が行われた。

■東京都に上京した理由、女性は「新しい生活をはじめたい」「都会への憧れ」が高い結果に
上京経験のある男女を対象にGLM独自の意識調査が実施された(※1:P7)。これによると、東京都に上京した理由・上京するにあたって重視したことは、学生時代に上京した者も含まれるため、「東京に進学したい大学や専門学校があったから」(39.8%)が最も高く、「東京で働きたかったから」(25.2%)、「異動や家族の都合」(20.6%)と続いた。

男女別でみると、女性は男性と比較して「新しい生活を始めたいと思ったから」、「地元や親元を離れたかったから」、「都会に憧れがあったから」、「交通の便が良いから」、「趣味をより楽しみたかったから」が特に高い結果となった(図6)。



■地元の就職先を選ばなかった理由、女性は「東京都で仕事をする」「親元や地元を離れる」を重視
同研究所では現在東京都で働いている人に対し、地元の就職先を選ばなかった理由を調査。その結果、男女ともに「東京都で仕事をしたかったから」(48.8%)、「東京都で暮らしたかったら」(33.1%)が多く、男女で比較すると男性は「東京都で仕事をすること」をより重視し、女性は「親元や地元を離れること」をより重視していることが分かった(図7)。



■東京に住む場所を考えるときは、女性は「日常生活のしやすさ」「治安の良さ」を重視
同調査によると、東京に住む場所を考えるときに重視したことは、男女ともに「都心や仕事場に近く通勤時間が短いこと」(55.4%)、「鉄道の最寄り駅に近いこと」(39.4%)が多く、アクセスを重視していることが分かった。女性は「買い物などの日常生活がしやすい」、「治安が良く安心・安全」、「家賃が手頃な価格か」を特に重視する傾向があった。



■20代上京者のうち、約半数が将来地元に戻る予定はない
同調査によると、現在東京都に在住している対象者のうち、男女ともに全体の約半数にあたる46.4%が「将来地元に戻る予定はない」と回答。

特に女性の方が東京に残りたい傾向にあることが分かった。「具体的な時期は未定だがいつか戻りたいと考えている」は20.4%という結果になった。



■地元に戻りたい理由、女性は「東京での暮らしに疲れたから」がトップに
「将来地元に戻りたい」と回答した対象者の理由について調査が行われたところ、女性は「東京での暮らしに疲れたから」が最も多いことが明らかに。また、男性は女性と比較して、「Uターン就職・転職のため」、「インターネットを使ってどこでも仕事ができるから」が多い結果となった。



(※1) 調査対象:上京経験のある東京都在住の20~29歳の男女を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施
本調査期間:2019年9月13日(金)~9月19日(木)/有効回答数:500人(男女250人ずつ)



2020年以降転入超過する可能性が高いエリアとして品川区、足立区に注目
上京した理由について男女別に調査が行われた。そこで、20~24歳の女性が上京した時に、東京23区のうちどの区を選んでいるのかを男女別に分析し、2020年以降も転入超過する可能性が高いエリアについて予想が立てられた。

■転入者数 TOP5 は世田谷区、大田区、杉並区、練馬区、板橋区
転入者数が多いTOP5は世田谷区、大田区、杉並区、練馬区、板橋区であり、該当の5区は女性の転入者数が男性を上回っている(図11)。

転入超過数でも女性の方が高い値を示しており、2014年から5年連続で上位5位を占め、定着する人も多い「鉄板人気区」であると言える(図12)。これらの区は都心部への交通利便性も良く、自然環境や都市のイメージも良さそうだとの評価が高い区でもある。





■住みたい街と実際の転入区には差がある
「SUUMO住みたい街ランキング2019関東版」(株式会社リクルート住まいカンパニー)によると、1位の港区、2位の世田谷区が3位以下を離して2年連続TOP2になっている(図13)。

1位の港区、3位の目黒区、4位の渋谷区のような都心で住みたいという憧れはあるものの、家賃が高いため大田区、杉並区、練馬区に流れているものと予想できる。



■2020年以降転入超過する可能性が高いエリアとして品川区、足立区に注目
転入者数6位以下は品川区、新宿区、中野区、足立区、豊島区が並び、近年では品川区、足立区が上昇を見せている。

品川区は山手線新駅「高輪ゲートウェイ」開業を皮切りに大規模開発を予定しており、足立区は大学の移転・開設や北千住エリアの発展で注目度が上がっている。

同研究所では、今後これらの地区は交通利便性や家賃の面でも、2020年以降女性が定着しやすい注目エリアとして予測する。また、現時点では男性の方が転入超過している中野区と足立区、葛飾区に、女性の転入が増えるかどうかも注目だ。

■都市政策の専門家・市川宏雄所長による分析結果統括~若い女性の東京志向が加速~
東京圏(1都3県)への流入は止まることなく、昨年には流入と流出の差がとうとう13万5,600人となった。東京都の流入超過数も8万2,700人である。

その中で目立つのが政令指定都市からの20~24歳の女性の転入である。その理由は「東京に憧れがあった」、「親元や地元を離れたかったから」など、東京での新しい生活に魅力を感じていることで、そこには男性より明確な意志が存在している。

彼女たちに好まれるのが、世田谷、大田、杉並という西南地区の伝統的な住宅地だ。この3区は今後も人気が衰えることはないと言える。

さらにコスト的にお得な練馬、板橋がこれに続く。交通利便性、買い物、治安と、お値段との相談で決めているのである。今後は品川、足立が注目である。

地方創生政策で地方への移住促進が叫ばれる中で、若い女性は東京志向をますます強めている。そして、男女ともに全体の半数近くが「将来地元に戻る予定はない」と考えていることが分かった。



出典元:株式会社グローバル・リンク・マネジメント

構成/こじへい

@DIME

最終更新:10/16(水) 11:52
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事