ここから本文です

米朝協議「決裂」で、またミサイル実験の応酬が始まる?

10/16(水) 18:07配信

ニューズウィーク日本版

<北朝鮮非核化をめぐる米朝協議が物別れに終わった今、北朝鮮はICBMの発射実験を再開する可能性を示唆している>

トランプ米政権と北朝鮮は、北朝鮮の非核化をめぐる合意を目指してきた。しかし関係に再び寒風が吹き始めたようだ。米朝協議で早期に進展がなければ、中断していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を再開するかもしれないと、北朝鮮が警告を発している。

【動画】米朝協議への不満を表明する北朝鮮代表

北朝鮮外務省は10月10日、国営の朝鮮中央通信を通じて報道官談話を発表。5日にスウェーデンで開催された米朝実務者協議にアメリカ側が「手ぶらでやって来た」せいで、話し合いが決裂したと非難した。

北朝鮮は、アメリカ側が歩み寄りの姿勢を見せず、挑発的な行動を取り続けていると批判している。北朝鮮が特に反発している点の1つは、米軍が2日に核弾頭搭載可能なICBM「ミニットマン3」の発射実験をカリフォルニア州の空軍基地で行ったことだ(冒頭写真)。この発射実験は、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行った直後に実施された。

「(アメリカのICBM発射実験に対して)同様の措置で対抗することも可能だが......今のところは自制している。しかし、わが国の忍耐心にも限度がある。わが国が永遠に忍耐を続ける保証はない」と、北朝鮮の報道官談話は主張している。

北朝鮮は1年半近くミサイル発射実験を凍結していたが、2月にトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の首脳会談が物別れに終わった後、5月から短距離ミサイルの発射実験を再開していた。そして今回、ICBMの発射実験も再開する可能性を示唆したことになる。

「アメリカがわが国への敵視政策を完全かつ不可逆的に中止すべく態度を大きく改めない限り、今回のような不愉快極まる交渉に臨むつもりはない」と、北朝鮮外務省報道官は述べた。

北朝鮮非核化の夢は、また一歩遠のいたのかもしれない。

<本誌2019年10月22日号掲載>

トム・オコナー

最終更新:10/16(水) 18:12
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事