ここから本文です

アーチーの赤毛はやっぱり父親ヘンリー王子似とメーガン妃も認める

10/16(水) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

生後5ヶ月になったばかりのヘンリー王子とメーガン妃の長男アーチーが、ウィンザーで開催されたプレイグループ(遊びをとおして就学前の子供たちを保育するシステム)のクラスに参加したそうだ。

【写真】メーガン妃&ヘンリー王子のアフリカ外遊イチャイチャシーンBEST20

メーガン妃は10月15日の夜、ロンドン中心部で開催された毎年恒例の『ウェルチャイルド・アワード(Wellchild Awards:英国の病気の子供たちとそのケアをする人々を讃えるアワード)』の授賞式に出席し、「初めてアーチーをプレイグループのクラスに連れて行ったのですが、彼はとても楽しんでいて、気に入った様子でした」と語った。

夫妻は受賞者のレセプションで、ミリー・サザーランドさん(11)と母のアンジェラさん(50)とも会話。アンジェラさんは会話を終えた後、「メーガン妃は今日、アーチー君をプレイグループのクラスに連れて行き、一緒にたくさん遊んだそうです。とても楽しかったとおっしゃっていました」と語った。

サザーランド母娘はまた、アーチーが赤毛かどうかを夫妻に尋ねたという。「メーガン妃は『アーチーは赤毛ですよ』と答え、ヘンリー王子も『間違いないですね』とおっしゃっていました。眉毛もちゃんと赤いんです」とアンジェラさんは語る。「王子は、アーチー君の髪の毛が5カ月経ってもほとんど生えてこないと話していましたが、メーガン妃が彼をプレイグループに連れて行った時、アーチーと同じような毛量の子や、むしろ少ない子たちもいた、と王子に伝えていました」

ヘンリー王子とメーガン妃は、「エミーズ・キッチン」を発案したことで賞を受賞したエミー・ナラヤン・ニコラスさん(10)とも話をした。2017年に白血病と診断された、マンチェスター出身のエミーさん。彼女は病院で治療を受けている間、病気の子を持つ親たちが集まり、3品のコース料理を楽しみながら話ができる場所を思い描いていた。そして実現した「エミーズ・キッチン」は現在、約1500人の人々に食事を提供している。

エミーさんは「病院が私を助けてくれたので、どうしたら恩返しができるのかをずっと考えていました」と語り、ヘンリー王子とメーガン妃に会ったことを「クール」と一言で表現。一方、エミーさんの母イヴさんは、「私は複数の人種の血が混ざった家系出身なので、メーガン妃は私の世界を広げてくれる存在です。なぜなら妃は私と同じようにミックスでありながら、ロイヤルファミリーの一員となったからです。妃は、ミックスト・レースの女性として王室に入った芯の強い女性として、私の娘にとってもいいお手本となり、インスピレーションを与えてくれる存在となっています。私が育った時代にこうした方はいませんでしたからね」と続けた。

Translation: Masayo Fukaya From TOWN&COUNTRY

最終更新:10/16(水) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事