ここから本文です

「ジャンプ」とマーベルコラボ漫画『デッドプール』 内容に大反響でトレンド入り

10/16(水) 21:41配信

KAI-YOU.net

『週刊少年ジャンプ』とマーベル(MARVEL)によるコラボ漫画『デッドプール:SAMURAI』が、10月16日にジャンプ作品が無料で読めるアプリ「少年ジャンプ+」で公開された。

【画像】子連れ狼のようなデッドプール

本作を手がけるのは、漫画『ツギハギクエスト』の原作・笠間三四郎さんと、作画・植杉光さんのタッグだ。

公開後、Twitterでは「デッドプール」「デップー」「笠間三四郎」などの関連ワードがトレンド入りするなど大きな反響を呼んでいる。

無責任なアメコミヒーロー・デッドプール

マーベル・コミックス原作の人気キャラクター・デッドプール。

アメコミヒーローとしては珍しい能天気で無責任なキャラクターが特徴で、マーベル作品の中でも屈指の人気を誇っている。

2016年にはライアン・レイノルズさん主演で映画化、2018年にはその続編が公開され大きな注目を集めた。

“デップー感”が満載の『デッドプール:SAMURAI』

9月からスタートした『週刊少年ジャンプ』とマーベルのコラボ企画の1つとして発表された『デッドプール:SAMURAI』。

本作では、侍になったデッドプールが悪代官たちとの戦いを繰り広げることになるが、そのクオリティーの高さに注目が集まっている。

原作のハチャメチャな展開はそのままに、アメコミ特有の構図で本格的なアクションが描かれる。

作中のデッドプールが自身をアメコミヒーローと自覚している点など、キャラクター性が再現されておりファンには嬉しい仕上がりだ。

デッドプール「俺ちゃん、トレンド入り」

『デッドプール:SAMURAI』の公開にあわせて、Twitterでは関連ワードがトレンド入り。

映画『デッドプール』の日本版公式Twitterでは「俺ちゃん、トレンド入り(ハート)」と、加工した画像と共にツイートしてらしさを見せる。

ファンからも、「流石のやりたい放題」「細かいセリフの全てがデップー感すごすぎて原作者からの愛とリスペクトバッチリ」「デッドプールSAMURAIオチが最高だった腹抱えた」などのコメントが寄せられている。

森田将輝

最終更新:10/16(水) 21:41
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事