ここから本文です

【イガリシノブ】盛り加減が難しい?『2度目のデート』のメイクの鍵はリップにあり!

10/16(水) 18:10配信

with online

日常ではあるけれど、でもちょっとだけ心が揺れ動くとき、あなたはそのリアルドラマの主役。そんな特別なシーンを彩る、オシャレで可愛くて絶妙に色っぽいメイクを、大人気HMイガリシノブさんが提案。記念すべき初回は、“盛り加減”の難しい2回目のデート。

今回のテーマ『2度目のデート』

2度目のデートにちょうどいい“盛り加減”って?

こんな物語に似合うメイクは……『色も質感も唇に宿す』

【A】スルスル描けてくっきり発色し、耐久性も◎。コーラルやローズのニュアンスを含む絶妙なピンク。NARS プレシジョン リップライナー 9083 ¥2700/NARS JAPAN

【B】自然な血色感を演出する赤みがベースのソフトピンク。繊細なツヤをプラス。リクイドルージュ 02 ¥3500/カネボウインターナショナルDiv.

【1.口周りのくすみを払う】 「口元にノイズがあると微妙だから、きちんと消すこと」。ファンデをブラシでくるくるとなじませる。

【2.Aで唇の存在感UP】 上唇を塗りつぶしたら、下唇と合わせて“ンマンマ”。「ちゃんと色がつくと唇がポコッと浮き出て◎」

【3.Bをたっぷりオン!】 ラメがちょっぴり入ったシアーなタイプを用意。「上下の唇にたっぷりとのせて、ぷるっとさせます」

その他のパーツは…
唇がぽわっと浮き立つように、他パーツの色は控えめにするのが正解。まぶたにはほのかに赤みを足しつつも、唇とリンクするようにキラキラをしっかり効かせて。チークはコーラル系をほわっと幅広く。

FINISH

[里々佳]ニット¥8000/アングリッド ピアス¥3000/モーヴ バイ ステラ リング¥5500/ステラハリウッド

2回目のデートはちょい“スキあり“を狙って

女っぽさをアピールしたいから、唇がポイント。1回目のデートよりもちょい“スキあり”な感じを狙って、ピンク色でコンサバをにおわせながら、ぷるっと質感で“ぶりっこ”すると、ちょうどいい。

最終更新:10/16(水) 18:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事