ここから本文です

ダービーを制した大宮。 残留への望みつなぐ勝ち点3 『高円宮杯 JFA U-18サッカー プレミアリーグ 2019』第15節

10/16(水) 20:19配信

ベースボール・マガジン社WEB

『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019』は10月13日、14日に第15節が行なわれた(市立船橋高校×清水エスパルスユースは台風の影響により延期)。EASTでは首位の青森山田高校と残留争いを演じる8位の尚志高校が対戦。高体連同士の戦いは、後半に逆転を許した青森山田が2-3で敗れた。だが、2位の柏レイソルU-18もジュビロ磐田U-18に敗れたため勝ち点差を縮められることはなく、青森山田が柏に勝ち点で4の差をつけて首位をキープしている。EASTの第16節は11月23日に行なわれる。
 ここでは、「今節のピックアップ・ゲーム」として、EASTの浦和レッドダイヤモンズユース×大宮アルディージャU18を紹介する(WESTの第15節は台風の影響によりすべて延期となった)。

EAST Pick Up Game  浦和レッドダイヤモンズユース 0-2 大宮アルディージャU18

<指導者コメント>
池田伸康・監督(浦和レッドダイヤモンズユース)
「完全に出し抜かれた試合でした。私たちが嫌がるようなプレーを相手(大宮)は常にしてきていました。私たちは立ち上がりから消極的で、受けてしまうようなプレーが多かったと思います。経験が足りないせいか、普段通りのプレーが出せていない選手もいました。大宮は目的もしっかり持ってプレーしていました。やはり前半で2点を奪われてしまったのが大きかったと思います」

丹野友輔・監督(大宮アルディージャU18)
「『もっと主導権を握れれば良かった』いう見方もあったかもしれませんが、試合を通じてずっと主導権を握れるチームはマンチェスター・シティ(イングランド)だけでしょう。一つの理想ではありますが、(主導権を握れない時間帯に)ショート・カウンターを仕掛けるといったこともできていました。今日は前線の選手たちが足をつるまで頑張ってくれたのも大きかったと思います」

第15節 試合結果(EAST)

浦和レッドダイヤモンズユース
0-2
大宮アルディージャU18

流通経済大学付属柏高校
1-2
鹿島アントラーズユース

市立船橋高校
台風の影響により延期
清水エスパルスユース

青森山田高校
2-3
尚志高校

ジュビロ磐田U-18
2-1
柏レイソルU-18

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 20:19
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ