ここから本文です

「ヤバい。俺プロ野球なんて絶対無理だって」――“ドラフト最下位”三輪正義の生き方 #1

10/16(水) 19:30配信

文春オンライン

 プロ野球ドラフト会議は10月17日に行われる。上位指名選手にスポットが当たりがちだが、下位指名も興味深い。なかでもその年、最後に名前を呼ばれた“最下位指名選手”は、プロ野球選手に“なれた人”と“なれなかった人”の境界線にいる、特別な存在だ。
 今季で現役引退を決めたヤクルトの三輪正義。彼もそんなひとりである。「できるわけがない」から始まったプロ野球人生を、本人の言葉で辿った。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

※ 『ドラフト最下位』 (KADOKAWA)から抜粋

◆◆◆

 神宮球場。試合前、誰よりも早く球場に入った背番号60の1日は、全ポジションで入念なノックを受けるところからはじまる。室内練習場に移動してマシンを相手に黙々と打ち込み、仕上げにバントをチェックする。ゲームがはじまればムードメーカーとしてベンチを盛り上げ、終盤になると展開を読みながら出番に備え、ベンチ裏でダッシュを繰り返す。

 三輪正義はいわゆる便利屋だ。

 身長168センチ、体重70キロ。細身で小さな体躯は50メートル5秒7の快足を誇り、守備の本職は内野手ながら時には外野、非常時には捕手まで務める。ベンチでは誰よりも声を出し、サヨナラヒットを放てば飛び蹴げりされたり、チームメートに華麗にスルーされたりと、あらゆる面でユーティリティープレーヤーと呼ばれる彼は、いまやチームには欠かすことのできない存在となっている。

「プロの世界で今も自分がやれていることが奇跡みたいなものです。いつも思うんですよ。プロ野球といえども、慣れれば誰でもヒットを打てるようになる。だって、僕がヒットを打てるんです。高校や社会人の僕を知っている人は、みんな驚くんじゃないですか。恩師も、僕ですら打てると思わなかった。そんな選手ですよ。僕は下手くそなんです。だから、万全の準備をするしかなかった」

 “できるわけがない”

 それが三輪のプロ野球人生の、そもそものはじまりだった。

1/5ページ

最終更新:10/19(土) 17:51
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事