ここから本文です

「なぜ猫はこんなに可愛いのか?」最狂ライブバンド、!!!のニック・オファーが熱く語る

10/16(水) 16:43配信

Rolling Stone Japan

「最狂ライブバンド」の異名を持つ!!!(チック・チック・チック)が、通算8枚目のニューアルバム『Wallop』を携えて10月末よりジャパンツアーを行う。短パン姿のフロントマン、ニック・オファーに今回行った電話インタビューでは、バンドの近況に加えて彼の愛する“猫”にフォーカス。同じく猫好きの音楽ライター、小野島大が聞き手を務めた。

写真3点|「なぜ猫はこんなに可愛いのか?」最狂ライブバンド、!!!のニック・オファーが熱く語る


シンセへの興味と細野晴臣

ー『Wallop』がいよいよリリースされました。反響はいかがですか?

ニック:すごくいいよ。レコードは数週間前にリリースされたばかりなのに、ライブではもうオーディエンスが歌詞を覚えて歌ってくれてたりするんだ。それはかなりエキサイティングだね。

ー意外なリアクションなんかはありましたか?

ニック:マスターピースを作ったわけではないし、人は皆一緒じゃないから意見は色々あるだろうけど、今のところは皆がレコードを気に入ってくれたことがすごく伝わってくる。だから満足しているよ。

ー今回のアルバムの手応え、満足度を10点満点で答えてください。

ニック:もちろん10点満点さ。レコードは毎回そういうつもりで作っているからね。

ー特に満足しているポイントは?

ニック:アルバムに収録されているすべての曲を違うサウンドにする、というのを意識していたんだけど、それを初めて達成できたのがこのレコードなんじゃないかなと思う。45分の中に色々詰まった、本当に旅のようなアルバム。アルバムの最初から最後まで、さまざまなことが起こるんだ。

ー今回のアルバムは、今おっしゃったように非常に多様なサウンドと、多数の外部アーティストの参加(ライアーズのアンガス・アンドリュー、グラッサー名義で知られるキャメロン・メシロウなど)、そして多数のプロデューサーの参加が特徴です。!!!史上もっとバラエティに富んだアルバムという印象ですが、サウンド上の狙い、コンセプトなどについて教えてください

ニック:これといったものはなかったな。去年、アメリカで日本の80年代のポップスが流行っていたんだけど、細野晴臣とかのレコードはたくさん聴いていた。だから、今回はちょっとシンセに、より深く興味を持っていたというのはあるかもしれない。ラファエルが彼の友人のスタジオで作業を始めて、そこにあったシンセを使い方がわからないまま色々といじって、そこから曲を作っていったんだ。だから、シンセが最初にあったイメージかもしれないな。

ーほう。前作はUKガラージや、あるいはムーディマンのようなデトロイト・ハウスなどが参照点にあるようでしたが、今回の参照点は細野晴臣ということになるんでしょうか。

ニック:今回のレコードは、今までの中で一番参照したものがない、何かから強く影響を受けていないレコードだと思う。「Domino」なんて、本当に何も考えずにただ音を鳴らして作り始めたし。キーボードで音を出していただけ。でも色々な音楽を聴いているし、それがサウンドに滲み出てくることはもちろんある。UKガラージも80年代の日本のポップスもそうだよ。

1/3ページ

最終更新:10/16(水) 16:43
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事