ここから本文です

「目指すべきところはやっぱり“この”ピッチ」1年ぶり代表復帰の浅野拓磨が豪快ヘッドで2年2か月ぶり弾!!

10/16(水) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

浅野が1年ぶりの代表復帰で、2年2か月ぶりの代表ゴール!

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 3-0 タジキスタン/10月15日/ドゥシャンベ・セントラルスタジアム

【日本代表PHOTO】日本3-0タジキスタン|超満員の敵地で苦戦も…南野の4戦連発など3ゴールで首位決戦を制す

 2022年のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選、日本はアウェーの地でタジキスタン代表と戦い、3-0で勝利を収めた。

 53分、55分と南野拓実が立て続けにゴールを奪い、82分、ダメ押しの3点目で日本の勝利を決定づけたのは、約1年ぶりに代表のピッチに復帰した浅野拓磨だった。

 浅野は64分に中島翔哉との交代で途中出場し、そのまま中盤の左サイドに。序盤は味方との呼吸が合わないシーンも続いたが、82分、左サイドを駆け上がり、右SBの酒井宏樹からのアーリークロスに反応すると、頭で地面に叩きつけ、豪快なヘディングシュートを押し込んだ。これが浅野にとっては実に2年2か月ぶりの代表戦ゴールだった。


「久しぶりに代表戦のピッチに立てたこととチームとして勝てたこと、そしてその勝利に“(自分の)ゴール”というカタチで貢献できたことは、素直にうれしく思います」

 試合後にそう喜びのコメントを残した浅野。今シーズンはドイツのハノーファーからセルビアのパルチザンへ完全移籍し、新天地で奮闘している。

「どこでプレーするにしてもやるべきことは変わらないと思っていますし、目指すべきところは、やっぱりこの“代表のピッチ”というのも変わらない。今日こうやって(ずっと目指してきた)代表の舞台に立ててゴールできたことは、僕にとってこれからプラスになると思います」「まだまだ課題の方が今日の試合は多かったので、もっともっと頑張らないと」

 約1年ぶりの代表戦をこう振り返った浅野。目指すべき場所を再確認して、再び欧州の舞台へと舞い戻る。

構成●サッカーダイジェスト編集部

最終更新:10/16(水) 8:17
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事