ここから本文です

権田修一の“GK論”。好セーブで日本を救うも、「僕自身はまだまだ」と謙遜する理由

10/16(水) 11:00配信

SOCCER DIGEST Web

「どんどんレベルが上がっていったら…」

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 3-0 タジキスタン/10月15日/リパブリカン・セントラル・スタジアム

【日本代表PHOTO】日本3-0タジキスタン|超満員の敵地で苦戦も…南野の4戦連発など3ゴールで首位決戦を制す

 タジキスタンに3-0で快勝できたのは、1本のビッグセーブが大きかっただろう。

 日本は苦しい展開を強いられた23分、タジキスタンのパンシャンバに抜け出されるも、このピンチを救ったのはGKの権田修一。的確に相手との間合いを素早く詰めて、シュートを弾き出した。

 最大のピンチを守護神のビッグセーブで乗り切った日本は、後半に3ゴールをゲット。権田が「勝とうとしたパワーを持ったチームはやっていて脅威なのは当然。今日は本当に、タジキスタンは僕らに勝ちにきた。それが後半はやっぱり、なかなかもたなかったので、最後は相手が間延びしてウチが時間を作れるようになりました」と言う通り、相手の勢いがある前半を無失点で乗り切ったことが、後半のゴールラッシュにつながったという見方もできる。

 3得点後も日本はいくつかピンチがあったが、どれも権田のセービングで難なくシャットアウト。相手のシュート数が0本だった10日のモンゴル戦とは、まるで様相が異なるゲームだったが、権田は独特な言い回しでこう述べた。



「毎試合、モンゴル戦みたいにまったくシュートがこないというのは、なかなか考えられないです。そのなかで、僕の仕事はボールが来たら、それをしっかり防ぐということがシンプルに仕事。それをしっかり今日はやらなければならないシーンがありましたけど、ただ、これからどんどんレベルが上がっていったら、もっともっとGKで勝たなければならない試合が出てくると思う。僕自身はまだまだなので、そういう試合が来た時に自分がちゃんとチームを勝たせられるように、もっともっとレベルアップしないといけない思います」

 GKなのだからピンチを防ぐのは当然。権田は“GKで勝たせる”という持論も交えながら、「まだまだ」と謙遜した。常にレベルの高い相手との試合をイメージし、さらなる向上に意欲を見せている。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

最終更新:10/16(水) 11:14
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事