ここから本文です

【ラグビーW杯】南アメディアがベスト15選出 日本からは6人、全試合途中出場のPR中島に絶賛の声

10/16(水) 13:03配信

THE ANSWER

プール戦のベスト15、全4試合途中出場の中島イシレリも選出

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はベスト8が出そろった。世界ランクの上位8チームが顔をそろえ、頂上決戦に相応しい決勝トーナメントとなった。次戦の対戦相手、南アフリカメディアはプール戦でのベストフィフティーンを選出。日本代表からは6選手を選んでいるが、注目は4試合すべて途中出場だったPR中島イシレリだ。PRに転向して間がないが、今や日本が世界の誇る強力FW陣の一角として存在感を発揮。短い金髪も目立つ30歳は「彼のインパクトは常に感じることができる」と絶賛されている。

【画像】激闘の試合後に実現していた! 「尊敬しかない」とスコットランド選手が感激、その場面とは…リーチが日本刀贈呈した“舞台裏2ショット”の実際の写真

 次戦で日本と激突する南アメディアも日本の選手たちに最大級の評価を下している。「SAラグビーマガジン」電子版ではプール戦のベスト15を選出しているが、うち6人が桜の戦士たちだった。

 松島幸太朗、ティモシー・ラファエレ、福岡堅樹、姫野和樹、堀江翔太と並び、ひと際異質の存在感を放つのはPR中島だ。4試合すべて稲垣啓太に変わっての後半からの途中出場。アイルランド戦では後半13分のラインアウトからのモールで一気に押し込み、NO8姫野和樹のトライに貢献するなど、フロントローの一角として120キロの巨体を存分に生かしている。

 同メディアは中島について、こう寸評をつけている。

「アイルランドスクラムを打ち砕く4か月前、イシレリ・ナカジマはフロントローでプレー経験がなかったことを考えると、すごいことだ。トンガ出身の30歳は日本のトップリーグにある神戸製鋼のスクラム後方として始めた。手短に言えば、成功だった。転向にも関わらず、ナカジマは日本で素晴らしい働きを見せている。彼のインパクトは常に感じることができる」

日本が最多の6人、イングランドから4人、南アは1人

 以前はスクラムの第3列が定位置だったが、PRに転向して驚くほどの成長ぶりを見せた。今やチームに必要不可欠な戦力だ。南アフリカメディアが絶賛する中島。20日の準々決勝でも、必ずや強いインパクトを残してくれるはずだ。

【SAラグビーマガジンが選出したベスト15】
1.PR 中島イシレリ
2.HO 堀江翔太
3.PR カイル・シンクラー(イングランド))
4.LO グィド・ペティ(アルゼンチン)
5.LO アラン=ウィン・ジョーンズ(ウェールズ)
6.FL トム・カリー(イングランド)
7.FL サム・アンダーヒル(イングランド)
8.NO8 姫野和樹
9.SH コナー・マレー(アイルランド)
10.SO フェリペ・ベルチェシ(ウルグアイ)
11.WTB 福岡堅樹
12.CTB ダミアン・デアレンディ(南アフリカ)
13.CTB ティモシー・ラファエレ
14.WTB 松島幸太朗
15.FB エリオット・デイリー(イングランド)

THE ANSWER編集部

最終更新:10/16(水) 16:55
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事