ここから本文です

「ブラック校則」が“視聴熱”デイリーランキングで2日連続で1位を獲得!

10/16(水) 16:00配信

ザテレビジョン

WEBサイト ザテレビジョンでは、10月15日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【画像を見る】佐藤勝利と高橋海人の共演が話題の「ブラック校則」が2日連続で1位に

1位「ブラック校則」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ)12224pt

11月1日(金)の映画公開を前に、連続ドラマが10月14日よりスタート。ドラマ初回放送終了後からは動画配信サービス・Huluでオリジナルストーリーも配信開始され、映画、連続ドラマ、Huluとすべて完全新作のストーリーで横断的に展開していく。

Sexy Zone・佐藤勝利が主演し、King & Prince・高橋海人と共演することでも話題の本作は、理不尽な校則に立ち向かう高校生たちの恋と友情の青春ストーリー。

連続ドラマの第1話は、さえない青春を生きる創楽(佐藤)のクラスメート・希央(モトーラ世理奈)が、生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるように強要されて不登校に。希央が気になる創楽は、校則の見直しに関する署名ボックスを作ったことを親友の中弥(高橋)に明かす。

創楽と中弥の会話がベースとなりつつ、テンポのよさと独特のユーモアが混ぜ込まれたストーリー展開で、「早く続きが見たくなる」と話題に。“理不尽な校則(ルール)に隠された謎”にフィーチャーしていくHulu版は、キャラクターの関係性などの理解が深まったという声も上がった。

※高橋海人の「高」は「はしごだか」が正式表記

2位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)6317pt

田中圭主演で2018年4~6月に放送されたドラマ。女好きだがまったくモテない33歳の春田(田中)をめぐり、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”・黒澤(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧(林遣都)の恋愛模様が描かれ、大反響となった。

8月23日から、その続編である映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」がロングラン上映中。

10月15日に、5回目にして”ファイナル“と銘打った、声出し、コスプレ、応援グッズ持ち込みなどOKの応援上映が26日(土)に開催されることが発表。公式主催の応援上映はこれが最後ということで、全会場で入場者にプレゼント配布も。実施会場など詳細は21日(月)ごろに発表される予定となっている。

また、ファイナル応援上映を告知した公式アカウントの投稿では、田中のオフショット4枚も公開。「居酒屋わんだほう」のメニューを持った写真のほか、ソファーでぐっすり眠っている場面など、“はるたん”の愛らしい姿が満載で、応援上映告知と共にファンは歓喜した。

3位「スカーレット」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)5363pt

10月14日より第3週「ビバ!大阪新生活」がスタート。中学を卒業した喜美子(戸田恵梨香)は、信楽を出て大阪で働くことに。雇い主の荒木さだ(羽野晶紀)を訪ねると、さだは女性下着のデザイン会社を営んでおり、喜美子はときめく。だが、実際の職場は、さだが別に営む下宿屋・荒木荘で、女中として雇われたのだった。

15日放送の第14話では、荒木荘に到着した早々、喜美子は住み込み女中として自分だけの部屋があることに喜びすぎて、隣室のふすまを蹴り倒す失態をおかす。元女中の大久保のぶ子(三林京子)は、喜美子が若過ぎることを理由に女中の仕事をするのは「無理や」と言い放つ。喜美子は「一生懸命働きます」と食い下がるが、さだも交えた協議の末、翌日に信楽に帰ることに。

落ち込む喜美子が荷物の入ったかばんを開けると、入れた覚えのないくさい手ぬぐいと母からの手紙が出てくる。封筒のなかには、実家の住所と母の名が書かれたハガキも入っており、それは雑貨店の陽子(財前直見)ら信楽の人々が用意してくれたという。

幼いころから家の手伝いをしていた喜美子の頑張りを見ていた周囲の人々のやさしさに、視聴者ももらい泣きした。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:10/16(水) 16:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事