ここから本文です

名将モウリーニョ、C・ロナウドやメッシらスター選手を一言で表現 「アニマル」「マジック」

10/16(水) 9:50配信

Football ZONE web

モウリーニョ氏、教え子を含めたスター選手らを一言で紹介

 昨年12月に成績不振によりマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任したジョゼ・モウリーニョ氏は、現在フリーの立場となっている。これまでに4カ国でのリーグ優勝を経験する名将が、過去に指導したことのあるスター選手らを一言で表現した。英紙「デイリー・スター」が伝えている。

 モウリーニョ氏は、ポルト(ポルトガル)とインテル(イタリア)でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を2回、ポルトとインテルに加えてチェルシー(イングランド)、レアル・マドリード(スペイン)でそれぞれリーグ優勝を果たした。

 その間に数々の名選手らと対戦し、指導してきたスペシャル・ワンが、様々なスポーツのスコアをリアル・タイムで配信する「LiveScore」のインタビューに応じ、かつての教え子であるスペイン代表FWジエゴ・コスタ、元イングランド代表DFジョン・テリー氏、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏、元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをそれぞれ“一言”で表現した。

 2014年にアトレチコ・マドリードからチェルシーに移籍したコスタは、モウリーニョ氏の下で2014-15シーズンに公式戦21ゴールを記録。加入初シーズンにして、プレミアリーグのトロフィーを手にした。ディフェンスの間を駆け抜けるアグレッシブなプレーでファンを魅了したコスタを、モウリーニョ氏は同選手の喧嘩っ早さも含めて「アニマル」と表現している。

 また、チェルシーでキャプテンを務めたテリー氏は「リーダー」、ドログバ氏は「レジェンド」と称賛。自身と親しい間柄だったエッシェン氏は「息子」、そして、レアルの絶対的“点取り屋”だったロナウドについては「ゴール」と答えた。

 ちなみに指導経験はないが、レアル時代の最大のライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを連想させる言葉には「マジック」を挙げていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/16(水) 9:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事