ここから本文です

仁志敏久が巨人・原采配を称賛 「大味に見えていろんな策を練ってる」

10/16(水) 6:30配信

webスポルティーバ

巨人がクライマックスシリーズを突破し、いよいよ日本シリーズに挑む。4年ぶりに原辰徳が監督に復帰し、広島から丸佳浩も獲得して臨んだ不退転のシーズンで、ここまでの結果を出した巨人。強さの秘密は何だったのか。1996年から11年間巨人に在籍し、3度のセ・リーグ制覇に貢献した、仁志敏久氏に話を聞いた。

【画像】野球美女

――巨人はここ4年間優勝から遠ざかっていました。今シーズンは勝負の年と位置づけて挑み、見事結果を出しました。リーグ優勝、そしてクライマックスシリーズ突破の要因はどんなところにあったのでしょうか?

仁志 やはり広島から丸が入ったことが、打線の上ではかなり大きなウェートを占めていました。これまで坂本(勇人)に掛かっていた負担が大きかったように思います。それが丸の加入により、坂本が一人で背負う量が減ったということですね。それによって、坂本がより良い感情を持ってプレーできたんじゃないでしょうか。それが打線の好調につながったと思います。

――今年は、セ・リーグ全体として連勝、連敗の多いシーズンでした。巨人も例外ではなかったのですが、どんな要因があるのでしょうか。

仁志 野球の内容が変わってきていることが原因かもしれませんね。昔みたいにバントやスクイズなどをして策を講じる野球が、かなり少なくなってきている印象があります。今はピッチャーがいかに抑えるか、バッターがいかに打つかと、よりシンプルになりました。そんなシンプルな野球になると、一度打ち出すと連打になって、バッターはヒッティングしか考えなくなります。逆に打てなくなってしまったら、連鎖反応でパタッと打てなくなってしまう傾向があります。負けているチームは、そこで策を講じない。だから逆転が難しくなりますし、連敗も止まらなくなる。そんな現実があるからかなと思いますね。

――巨人がそのなかから抜け出せたのは、他の球団と何が違ったのでしょうか?

仁志 全体的な実力で言ったら、上位に食い込むようなチームと大きな差はなかったと思います。一つ言えるのは、巨人は原監督の考える野球が、大味に見えて、実はいろんな策を練ったものだったということです。ランナーが出たらまずはヒッティングを考える、ただそれだけの野球ではなかったですよね。ダブルスチールをやったり、スクイズをやったり、結果的にそういう策を講じたことが、取りこぼしが少なかった要因かなと思いますね。

 原監督は巨人を率いるのが3回目ですし、いろんな選手たち、チームを見てきて、野球を違った角度から見られるんだと思います。現代風な考え方を持ちつつも、昔ながらの相手の隙を突く野球も忘れていません。こういうシンプルな野球の時代だからこそ、つけ入る隙が見つかったんだと思います。

――巨人の投手は山口俊と菅野智之の2枚看板で、今年は特に山口の出来が抜群に良かったですが、どんなところが変わったんでしょうか。

仁志 山口はコントロールが良くなりましたね。変化球、真っすぐ、どちらも良かったです。巨人移籍後のこれまではなかなか結果が出ませんでしたが、ボールに力があるのはわかっていました。今年は体のコンディションが良かったのも好調の要因だと思います。今は落ち着いて投げられていますね。

――岡本和真は4番から外された時期もありましたが、最終的には復調してきました。彼は将来チームを背負って立つ逸材になるのでしょうか。

仁志 そうなってほしいですね。日本人のホームランバッターはどのチームもかなり減ってきています。特に右バッター。その意味ではすごく貴重ですね。岡本の今年の成績(※)が良くないという人が結構いますが、そんなに悪いわけではないんです。去年が良すぎただけで、去年以上のことをずっとやっていかなくてはいけないと思うと、それはもう超スーパースターになってしまいます。相手だって「どうぞ打ってください」というわけにはいかないですからね。

※今シーズンは打率.265、31本塁打、94打点を記録。昨シーズンはプロ野球最年少で打率3割(.309)、30本塁打(33本)、100打点を達成

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事