ここから本文です

WBC編3 今回は少し毒を吐きます?【大島康徳の負くっか魂!!第126回】

10/17(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

穏やかな心で?

アナハイムでの練習中、岩村明憲[当時ヤクルト]にトスを上げる僕。毎日必死でした

 まず、野球と関係ない話からで失礼します。

 最近、朝起きた瞬間から寂しくてたまらなくなっています。

 祭(13歳トイプードル)がいなくなったからです。

 僕が目を覚ますのを待って、ガバッと飛び起きる祭を抱っこしてリビングへ運ぶ──。ここから毎日が始まっていました。

 寂しい、本当に寂しいです。

 でも、先日の朝は違いました。寝ている僕の顔のところで“ブルブル”ってする祭の音? 声? が確かにしたのです。祭は毎朝、僕が目を覚ますと、うれしそうに飛び起き、伸びをして、その後に“ブルブル”っとして、しっぽを振りながら僕の抱っこを待っていました。

 こんな経験は初めてです。

 あの子は、やっぱりここにいますね、絶対!

 悲しみは悲しみとして、消えるものではありませんけれど、毎日のいろいろなことの積み重ねで、いいのか、悪いのか分かりませんが、少しずつ薄れていくものでもあります。

 その後、ある朝、祭が旅立ってから、ずっとできなかったことを初めてやってみました。

 ずっと私が担当していた祭の朝ごはんとお水をあげました。ナオミさん(愛しの妻です)も「祭、喜んでるよ!」と、ニコニコうれしそうでした。

 祭は、いつものようにくるくる回っていたんでしょうか……。

 では、今回も2006年第1回WBCの話です。少々センチなスタートを切った回ながら、「ふざんけんな。バカヤロー!」と腹が立った話です。

 僕自身がじっくり読んだわけではないのですが、人づてに「今回のWBCのコーチは・・・ 本文:2,427文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/17(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る