ここから本文です

サントリー「ストロングゼロ」に“から揚げ専用”缶登場 揚げ物に合うさっぱりした味わい

10/17(木) 11:07配信

オーヴォ

 サントリースピリッツが、“から揚げ専用”を前面にアピールした缶チューハイを誕生させた。同社の主力商品「-196℃ストロングゼロ」の新フレーバー「から揚げ専用塩レモン」。11月26日に全国で発売される。2カ月程度の期間限定販売。価格は350ミリリットル缶が141円、500ミリリットル缶が191円(いずれも税別)。

 同社が食事に合う缶チューハイを追求し、2009年から展開してきた「ストロングゼロ」シリーズ。毎年、過去最高売り上げを更新し続けており、同社は、チューハイ消費者の甘くないフレーバーを好む傾向が加速していると見ている。そのストロングゼロの販売の約4割がレモンフレーバーだが、今回、特に「から揚げ専用」と銘打ち、「塩レモン味」を開発。果実を瞬時に凍結・粉砕する独自の「-196℃製法」でレモン丸ごとの香りや風味を閉じ込め、塩を加え、から揚げに合うさっぱりとした味わいに仕上げた。アルコール度数は9%で、しっかりとした飲み応えを楽しめる。

 パッケージには、ジュワーっと揚がっている音が聞こえてきそうなから揚げの写真を使用。缶を手に取ればから揚げが食べたくなってしまうビジュアル面の仕掛けも利いている。同社RTD・LS事業部の井島隆信RTD部課長は「外でも家でも食シーンに多く登場し、広くたくさんの人たちに好かれているから揚げと合わせて楽しんでいただき、ストロングゼロのファン拡大を目指したい。から揚げだけでなく、他の揚げ物類などにも合うさっぱりとした後味。ビール派の方にも、チューハイを飲んでお酒の楽しみ方の幅が広がるきっかけにしてもらえれば」と期待を寄せている。

 また、11月12日には、ストロングゼロのフレーバー「ダブルレモン」「ビターレモン」よりもさらに強いレモンの味わいの新フレーバー「トリプルレモン」を期間限定発売する

最終更新:10/17(木) 14:41
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事