ここから本文です

セレブも注目! ヘアセット専門の新美容スポット「シャンプー・バー」〈週刊朝日〉

10/20(日) 11:30配信

AERA dot.

*  *  *
 アラフィフにはとても見えないキュートな松本伊代さんや、女優としても引っ張りだこな好感度ナンバーワン女子アナ、八木亜希子さん。最近では、奇跡の68歳、由美かおるさんが“飛び込み”で顧客になるなど、美を知り尽くした芸能人に愛され続けているのが『六本木美容室』だ。

 白金店が移転し、さらに居心地のいいサロンに生まれ変わったことに加え、広尾商店街に『シャンプー・バー』なる新形態のサロンをオープン。若いスタッフらが中心となって、海外で流行しているシャンプー、セット、メイクアップのみの、文字通り、「バー」のような店舗を本格始動させた。『六本木美容室』主宰の小松比奈恵先生は、70年代アイドル、麻丘めぐみさんの「お姫様カット」を皮切りに、女性歌手や女優のヘアスタイリングを次々提案し、時代をリードしてきた方。

 美容商材の展示会や新製品発表会に自ら足を運び、アンテナに引っかかったモノは、たとえ無名でも、日本初進出のメーカーでも、すぐさま取り入れてきた。

 そんな小松先生が欧米でトレンドとなっている新形態に目を付けたのだ。

 コンセプトは「ショーのバックステージ」で、バーのようなシンプルなカウンターと、まさにショーやイベントの楽屋で見かけるようなミラーを使用。

 ラグジュアリーな空間として定評がある他店舗とは異なるシンプルなスペースで、小松先生やトップスタイリストらからみっちり教育を受けた若手が、カットやカラーリングはせずに、シャンプー、セット、メイクだけをしてくれるのだ。

 もともと『六本木美容室』は、女優や俳優、女子アナらが「お仕度」のため頻繁に訪れるサロン。『シャンプー・バー』も、「お出かけ前のセット」や、「一日の終わりのリセット」に「気軽に利用してほしい」といい、既に、近隣に住むセレブや、スポーツジム帰りのマダムらから注目されている。オープン時、顧客らに配布された数種類の洒落たショップカードは、若手がアイディアを出し合って作ったそうで頼もしい限り。

『シャンプー・バー』の顧客の中には、そんな若手スタッフらと同世代で、まだ専属メイクさんが付かないアイドルや女優の卵も増えているという。オーディションや本番を前に、ここで「お仕度」して臨むのだ。

 専属ならずとも、芸能人や有名人に慣れているプロに担当してもらえるうえ、有名芸能人の顧客を多数もつ『六本木美容室』のパワーも注入してもらえる新美容スポットなのである。

※週刊朝日  2019年10月25日号

最終更新:10/20(日) 11:30
AERA dot.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事