ここから本文です

【ドラフト】ヤクルト1位 奥川恭伸(星稜高) 高校生離れした完成度を誇る甲子園準優勝投手/プロ野球ドラフト会議

10/17(木) 17:25配信

週刊ベースボールONLINE

 17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、ヤクルトが1位で星稜高・奥川恭伸を指名し交渉権を獲得した。

2位以降はこうなる!2019ドラフト全指名 完全シミュレーション

■プロフィール
名前:奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)
ポジション:投手
生年月日:2001年4月16日
身長・体重:183cm84kg
投打:右投右打
所属:星稜高
経歴:宇ノ気ブルーサンダー(宇ノ気小) - 宇ノ気中 - 星稜高

 高校No.1の完成度を誇る即戦力右腕。宇ノ気小2年から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始め、4年時から高校3年まで捕手・山瀬慎之助とバッテリーを組む。6年時に県準優勝で北信越大会に出場、宇ノ気中の野球部で3年夏に全国制覇し、星稜高では1年春の北信越大会からベンチ入り。同秋から主戦格となり、2年春(8強)、夏(2回戦)、3年春(2回戦)、夏(準優勝)に甲子園出場。特に3年夏は5試合41回1/3を投げ、防御率1.09と圧倒し、2年連続での選出となった侍ジャパンU-18代表ではカナダ戦に登板し7回18奪三振の快投。

 力強いフォームから投じる最速154キロのストレートに加え、キレ味抜群のタテのスライダー、120キロ台のチェンジアップでも相手打者を翻ろう。両コーナーを突く制球力も光り、要所では三振を奪いつつ、打たせて取る投球もできるなど、高い投球能力を持つ“即戦力”投手。

週刊ベースボール

最終更新:10/18(金) 11:54
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事