ここから本文です

【ドラフト】ロッテ2位 佐藤都志也(東洋大) 攻守走三拍子そろった“打てる捕手”/プロ野球ドラフト会議

10/17(木) 18:17配信

週刊ベースボールONLINE

 17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、ロッテが2位で東洋大・佐藤都志也を指名し交渉権を獲得した。

野村克也が語る“打てる捕手”「なぜ打てないキャッチャーが多いのか。私は不思議でならない」

■プロフィール
名前:佐藤都志也(さとう・としや)
ポジション:捕手
生年月日:1998年1月27日
身長・体重:181cm83kg
投打:右投左打
所属:東洋大
経歴:平六小 - 平二中 - 聖光学院高 - 東洋大

 存在感際立つ正捕手候補。平六小5年からみまやスポーツ少年団でソフトボールを始め、遊撃手と投手としてプレー。平二中では軟式野球部に所属し、2年時から捕手。聖光学院高では1年秋から正捕手。2年夏の甲子園では8強入り。3年夏の甲子園では2回戦敗退。東洋大では4年春までに通算打率.331。2年秋は首位打者。2年春秋は一塁手、4年春には捕手としてベストナインを受賞。3、4年時と2年連続で侍ジャパン大学代表に選出された。

 打っては確実性の高い打撃で強い打球を飛ばし、守っては送球の二塁到達がコンスタントに1.9秒台を計測する強肩を誇る。打撃能力を生かし侍ジャパン大学代表では外野手としてもプレー。高校3年時にプロ志望届を提出も指名漏れ。悔しさをバネに進学した東洋大での4年間で大きく成長を見せた。

週刊ベースボール

最終更新:10/18(金) 11:52
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事