ここから本文です

【ドラフト】ロッテ3位 高部瑛斗(国士舘大) 東都二部で輝く“安打製造機”/プロ野球ドラフト会議

10/17(木) 18:36配信

週刊ベースボールONLINE

 17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、ロッテが3位で国士舘大・高部瑛斗を指名し交渉権を獲得した。

今年の“隠し玉”はコイツ!? 複数球団が狙う逸材たち

■プロフィール
名前:高部瑛斗(たかべ・あきと)
ポジション:外野手
生年月日:1997年12月11日
身長・体重:177cm70kg
投打:右投左打
所属:国士舘大
経歴:鶴ヶ島エンゼルス(泉野小) - 越生ボーイズ(毛呂山中) - 東海大甲府高 - 国士舘大

 元プロが太鼓判を押すヒットメーカー。泉野小3年から鶴ヶ島エンゼルスで野球を始め、外野手としてプレー。毛呂山中では越生ボーイズに所属し、外野手。東海大甲府高では1年秋から外野手のレギュラー。2年秋の山梨大会で優勝し、関東8強。3年春も県を制して関東大会2回戦敗退。同夏は甲子園3回戦進出。国士舘大では1年春から東都二部リーグ戦に出場し、4年春まで全95試合にフルイニング出場して通算打率.310、7本塁打、39打点、25盗塁をマークしている。

 東都大学リーグ二部ながら、すでに通算119安打(4年春時点)を積み上げている左の巧打者。ミート力に優れ、しっかりと振り切るバッティングが持ち味。俊足も備えており、二塁打、三塁打も量産できる。国士舘大・辻俊哉監督(元オリックスほか)は、「プロでレギュラーを獲れると思っている」と評価する逸材。

週刊ベースボール

最終更新:10/18(金) 10:59
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事