ここから本文です

ベルギー代表って誰がいるの? 現在の主力は? アザールにデ・ブルイネ…赤い悪魔は今が黄金期

10/17(木) 8:11配信

フットボールチャンネル

 昨年行われたロシアワールドカップで3位に輝くなど躍進を果たしたベルギー代表。各ポジションにワールドクラスの選手を揃える同チームは、今月に欧州選手権(EURO)2020本大会出場を一番乗りで決めるなど、その強さを世に示し続けている。まさに今が黄金期といっても過言ではない。今回は、そんなベルギー代表のメンバーを基本フォーメーションからポジションごとに紹介していく(代表成績は10月13日のカザフスタン代表戦終了時のもの)。

GK

ティボー・クルトワ(レアル・マドリー/スペイン)
生年月日:1992年5月11日(27歳)
代表成績:78試合出場/50失点

 身長199cm、体重96kgの体躯を誇る世界でも屈指の名GK。長い手足を生かしたセービングはピカイチのものがあり、空中戦の強さやキャッチングスキルの高さも兼ね備える。ベルギー代表では長く正守護神として活躍しており、昨年行われたロシアワールドカップでは同国を3位躍進に導き、自身も同大会で最優秀GKに選出されるなど圧巻の輝きを放った。持っている力は申し分ないといっても過言ではなく、現代サッカー界を引っ張るGKの中の一人であると見ていいだろう。

 ただ、昨年より所属するレアル・マドリーでは批判の的となることも多く、本来の力を出し切れていない感がある。昨季は無冠に終わるなど低迷したマドリーでは「ケイラー・ナバスの方が良いのでは?」という声も多く聞かれたほどだ。ただ、ジネディーヌ・ジダン監督はクルトワへの信頼を忘れておらず、今季もチームの正守護神としてプレーしている。2019/20シーズンこそ、自身の価値というものを証明したい。

DF

ヴァンサン・コンパニ(アンデルレヒト)
生年月日:1986年4月10日(33歳)
代表成績:89試合出場/4得点5アシスト

 ベルギーが誇る世界屈指の守備職人。対人戦にめっぽう強く、相手を簡単にプレーさせないハードなディフェンスが魅力的な選手だ。クラブでは長くマンチェスター・シティでプレーしており、チームにプレミアリーグ制覇など数多くのタイトルをもたらしてきた。シティではキャプテンも務めるなどピッチ内外で頼もしい存在となっており、ジョゼップ・グアルディオラ監督も絶大な信頼を寄せていた。

 今季からは古巣のアンデルレヒトに復帰し、選手キャリアを続けているコンパニ。相変わらず怪我が多く、9月シリーズ、そして10月シリーズのベルギー代表メンバーから外れているものの、同チームにとってはまだまだ必要な戦力であることは間違いない。現在33歳とベテランの域には達しているが、来年行われる欧州選手権(EURO)などでの活躍が期待されていることは明らかだ。

1/6ページ

最終更新:10/17(木) 11:55
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ