ここから本文です

R15指定の『IT』初地上波 “該当シーン“編集のテレビ版に「何が残るの」とツッコミの声多数

10/17(木) 12:42配信

KAI-YOU.net

ホラー作家のスティーヴン・キングさん原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が、11月8日(金)日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で放送される。

【画像】傑作ホラー続編と言えば

R15指定の本作がまさかの地上波初放送決定ということで、Twitterでは「ITテレビ放送らしいけどどこ切るんだろう」など、多くの反応があがっている。

なお、放送されるのは、R15に該当するシーンを編集したテレビ版となる。

正体不明の『IT』が与える恐怖を描く

小さな田舎町デリーで起こる相次ぐ子供の失踪事件。大雨の日に行方不明になった弟を探すため、少年のビルは仲間たちと共に事件の謎を追い始める。

なぜ、その町では子供が消えるのか? なぜ、事件は27年周期で起きるのか? “それ”の正体と目的は?

ホラーエンターテイメントとして大ヒットを記録した同作だが、11月8日(金)に日本テレビで21時から放送されるのは、R15に該当するシーンを編集したテレビ版。

全編通してスリリングな映像となっているため、R15に当たる該当シーンが編集された場合「何が残るの」というツッコミも。

本バージョンは地上波でしか見ることができないため、果たしてどのような内容になるのか楽しみだ。

完結編は前作から27年後が舞台

その前作から27年後が舞台の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。11月1日(金)に全国公開される、続編にして完結編となる。

この放送を記念して、その本編映像の一部が新たに解禁された。

過去と現在が交錯しながら、27年ぶりに集うかつての子どもたち7人それぞれのエピソードも語られ、また語られなかった過去も明らかになるという。

また10月25日(金)には、アンディ・ムスキエティ監督と、監督の姉であり製作のバルバラ・ムスキエティさんの来日が決定。丸の内ピカデリー DOLBY CINEMAで、ファンミーティング試写会に登壇する。

Yuuki Honda

最終更新:10/17(木) 12:44
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事