ここから本文です

【ヒットの法則26】ベントレー コンチネンタル フライングスパーは高級車として異例の注目を集めた

10/17(木) 6:31配信

Webモーターマガジン

コンチネンタルGTの成功に拍車をかける存在

2005年のジュネーブオートサロンには注目モデルが数多く登場している。ベントレーが発表したコンチネンタル フライングスパーもその1台。コンチネンタルGTのメカニズムを受け継いだ「新世代のベントレー」は噂の段階から話題沸騰。人気モデルとなるのは確実視されていた。(以下の記事は、Motor Magazine 2005年5月号より)

【写真】リアビューや超豪華なインテリアなどを見る

ベントレーがフォルクスワーゲン・グループに入った後に登場したコンチネンタルGTは、フェートンと同じ系譜を持つW12気筒エンジンと、アウディ・クワトロの流れを汲むフルタイム4WDシステムを搭載するという、フォルクスワーゲン・グループの技術が生かされたクルマだった。しかもスタイリングは丸みを帯びた、まったく新しいフォルム。歴史を重んじるユーザーがこれをどう受け入れるか、送り手側がかなりの緊張感を持っていたことは想像に難くない。

しかし蓋を開けてみればこれが大好評。ベントレーとしては手頃な2000万円クラスというプライスも効を奏したようで、新しい顧客の獲得に成功した。事実、コンチネンタルGTは日本でも好調な販売を示している。
となれば、その成功に拍車をかけようと考えるのは当然の成り行き。かくして今回のジュネーブで発表されたのが、GTの4ドアバージョンとも言える、コンチネンタル フライングスパーというわけである。

メカニズムのほとんどはコンチネンタルGTと共通で、搭載されるW12ツインターボは560ps、66.3kgm(650Nm)というスペック。ZF製の6速ATを介し、4輪で駆動されるこのクルマの動力性能は、0→100km/h加速5.2秒、最高速312km/h。相変わらずの俊足ぶりである。

GTとの最大の違いはパッケージング。スリーサイズは全長5307mmラ全幅1920mmラ全高1479mm。全長と全高が拡大されているのは4ドアならではだ。ホイールベースは実に320mmも延長され3065mmになった。その余裕は当然ながら後席空間に割り振られ、余裕で足が組めるほどのレッグルームを実現している。

コクピットまわりはコンチネンタルGTとほぼ同じ成り立ち。後席はセンターコンソールがフロントから延長される4人乗り仕様と、通常の5人乗り仕様をチョイスできる。室内の調度にはイギリスの超高級ブランドらしく、職人の手作業と究極の天然素材がふんだんに使われており、ユーザーの好みに応じたカスタマイズにも対応する。

販売はすぐに開始され、日本には秋頃に上陸の予定だ。(文:石川芳雄/Motor Magazine 2005年5月号より)

ベントレー コンチネンタル フライングスパー(2005年)主要諸元

・全長×全幅×全高:5307×1920×1479mm
・ホイールベース:3065mm
・車両重量:2475kg
・エンジン:W12DOHCツインターボ
・排気量:5998cc
・最高出力:560ps/6100rpm
・最大トルク:650Nm/1600rpm
・駆動方式:4WD
・トランスミッション:6速AT
※欧州仕様

Webモーターマガジン

最終更新:10/17(木) 6:31
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事