ここから本文です

グーグルの「Pixel 4」は、“究極”のAndroidスマートフォンになる宿命を負っている

10/17(木) 8:11配信

WIRED.jp

グーグルは数年前から自社でスマートフォンを手がけるようになった。この「Pixel」という名のスマートフォンの誕生は、グーグルのモバイル端末に対するアプローチの変化を象徴している。

「Pixel 4」から翻訳機能付きイヤフォンまで、グーグルが発表した5つの新製品

かつては「Nexus」というブランドでスマートフォンを販売していたグーグルは、当時は外部のメーカーに生産を委託していた。これに対してPixelは、すべて完全に“グーグル謹製”であることが前提となっている。設計から開発、販売までをグーグルが担い、そしてOSとして自社のAndroidを最適化したヴァージョンを搭載しているのが特徴だ。

このほど正式に発表された「Pixel 4」は、その最新モデルとなる。これまでPixel 4に関する情報はリーク頼みだったが、すでに多くのことが知られており、本体の写真はグーグルが自らTwitterにアップしていたほどだ。主要なスペックも“情報通”によってリークされていた。そしてようやく実物が登場したのだ。

究極のAndroidスマートフォン

世界のスマートフォン市場におけるグーグルのシェアは小さいものの、Pixelは“究極”のAndroidスマートフォンとしての地位を確保している。「iPhone」と「iOS」のようなハードウェアとソフトウェアの垂直統合に対して、グーグルが出した回答がPixelと言える。実際にグーグルは、たとえサムスンのハイエンドモデルであっても搭載されていない独自機能を世に送り出すために、Pixelを利用している。

Pixel 4の価格は、ストレージ容量が64GBのモデルで799ドル(日本では89,980円)から。画面サイズが大きい「Pixel 4 XL」は899ドル(11万6,600円)からとなっている。いずれも新しい機械学習エンジン「Pixel Neural Core」や、画面に触れずに手をかざして操作できるジェスチャー操作機能[編註:日本では2020年春の提供見通し]、さらにスマートになった「Google アシスタント」など、新機能が盛りだくさんになっている。

Pixel 4にはサイズ違いの2機種が用意される。“レギュラー”サイズとなるPixel 4は5.7インチのディスプレイを搭載し、大型のPixel 4 XLは画面サイズが6.3インチとなる。

XLの画面サイズは、大型スマートフォンのなかでは小さめだと言っていい。「iPhone 11 Pro Max」の画面サイズは6.5インチで、サムスンの「Galaxy Note 10+」はなんと6.8インチある。それでもPixel 4 XLくらいの画面サイズがあれば、没入感と大容量バッテリーを求める人たちは十分に満足することだろう。

1/4ページ

最終更新:10/17(木) 8:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事