ここから本文です

強豪エクストレイルの強さとライバル出現で激戦ライトSUV界

10/17(木) 9:00配信

ベストカーWeb

 フォレスターやCR-Vなどの新型車が続々登場し国産SUV豊作の年と言われた2018年。

【写真ギャラリー】歴代エクストレイルとライバルSUV

 これらの競合を抑え、2018年4WD SUVで販売台数ナンバーワンとなったのは、日産エクストレイルだった。 

 そして2019年、新型RAV4の登場で、さらにこのジャンルの販売競争が熾烈化している。

 文:吉川賢一
写真:日産、トヨタ、スバル、マツダ、ホンダ、ベストカー編集部

2018年4WD SUV NO.1をとったエクストレイルの強さとは?

 日産によると、エクストレイルの売りは、インテリジェント4x4が実現する圧倒的な走破性、プロパイロットをはじめとする未体験の先進技術、先進のシャシー制御が実現する意のままの走りだそうだ。

 確かにそうした性能は素晴らしいものではあるのだが、これらの技術は、新型車としては当たり前品質であり、昨今発売されるクルマには、同カテゴリーであれば似たような技術が織り込まれている。

 これだけでエクストレイルが選ばれているとは言い切れないと筆者は考える。筆者が考えるエクストレイルの強さは下記の2つだ。

長くて、幅が狭くて、全高が高く、安いエクストレイル

 フォレスターや、CR-V、CX-5などと比較して、エクストレイルは比較的車幅が狭いのに、全長全高が高い。

 つまり、運転しやすいサイズなのに、SUVとしては大事な性能である積載性能に優れている。

 しかも、この3台の比較では比較的安い。SUVとして大切な積載性を、リーズナブルに提供しているのが、エクストレイルなのだ。

クセの少ないボディスタイル

 C-HR、CR-Vの様なカッコいいSUV、フォレスター、RAV4の様な無骨なSUV、こうした特徴が無かったことが逆にエクストレイルの特徴となっている。

 また、クセが少なく普通のボディスタイルをしていたことも、よい影響を及ぼしているのではないだろうか。

 好き嫌いを生じにくいユニバーサルデザインなところが、日本人には知らぬうちに刺さっていたと筆者は考える。

2019年上半期のSUV市場動向はいかに?

 RAV4が登場した2019年4月以降、4WD SUVの売れ行きには変化が起きている2019年1月~6月の販売台数と2019年4月~9月の販売台数がこちらだ。
(※自販連2019年データ参照)

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ