ここから本文です

あおい輝彦&A.B.C.-Zが語る“ジャニーさん命名のこだわり”

10/17(木) 6:03配信

女性自身

ジャニー喜多川さん(享年・87)の急逝から3カ月。今年も10月7日から29日まで『ジャニーズ伝説』が東京・日生劇場にて開催される。座長を務めるA.B.C-Zの戸塚祥太(32)、橋本良亮(26)、河合郁人(31)、五関晃一(34)、塚田僚一(32)と、初代ジャニーズのあおい輝彦(71)に、ジャニーさんとの思い出を語り尽くしてもらったーー。

あおい「ジャニーさんと最後にお会いしたのは、ちょうど『ジャニーズ伝説2018』の製作発表のとき。いろいろ話をしたんだけど、ジャニーさんの記憶力はすごい。僕が忘れているようなことでも、すごく細かく覚えていて。ジャニーさんに会うと、一瞬で野球少年だったころに戻っちゃう。僕にとっては、あのころからずっと変わらない、優しい兄貴を亡くしたような感覚なんだよ」

戸塚「僕らにとっては“お父さん”みたいな存在だったけど、あおいさんにとっては“兄貴”なんですね」

あおい「よく『“さん付け”しないで、ジャニーって呼んで』って言われてたけど、さすがに呼び捨てにはできなかった。今思うと、1回呼んでみたかったけどね。ジャニー!(笑)」

■命名センスが独特すぎる!

河合「これまであおいさんに伺ったお話のなかで、ジャニーズって名前を付けたのが、実はジャニーさん本人じゃないというのが、とくに印象に残っています」

橋本「ジャニーズの名付け親って、実はあおいさんですもんね?」

あおい「らしいんだけどね。僕はぜんぜん覚えてないんだよ(笑)。ジャニーさんはちょっとふざけて、“ヘターズ”とか“エラーズ”とかって言ってたよ(笑)」

戸塚「あおいさんのおかげで、“ヘターズ事務所”にならずにすんだんですね。助かりました(笑)」

あおい「それにしてもジャニーさんは命名の天才だよね。光GENJIとか嵐とかさ。全部おもしろい!」

河合「僕たちのグループ名はステージ上で発表されたんですよ。もともと、橋本以外の4人がA.B.C.ってグループで活動してたんですけど、ジャニーさんが『ちょっと橋本入って歌ってみよう』って、そうしたら、バックの画面に『A.B.C-Z』って出たんです。この“Z”は何だろう? って思ってたら、ジャニーさんが『これが君たちのグループ名だよ』って」

あおい「ジャニーさん、“Z”の発音にすごいこだわってたよね。『“ジー”じゃなくて“ズィー”だ』って」

河合「いまだに自分たちでも正しく発音できないです(笑)」

塚田「名前といえば、あおいさんも、名字をひらがなにしたのって、ジャニーさんの提案なんですよね?」

あおい「そうなんだよ! 今は選挙ポスターとかでよく見るけどさ(笑)。当時は画期的なことだったと思う。ジャニーさんは『大きな映画のタイトルバックに載る名前だ』って言ってくれたんだけど、そのあと実際、『二百三高地』や『犬神家の一族』などの大作映画に出させてもらって。予知能力でもあったのかなって思うよね(笑)」

塚田「ジャニーさんなら、未来が見えてもおかしくないかも(笑)」

■昔から演出力がすごかった

あおい「ジャニーさん亡き後、昔の映像がたくさん流れてたでしょ。それで、当時の自分の姿を見ると、すごいリラックスしてるんだよね。“教えられたことをロボットみたいにやらされてる”って感じじゃなくて、のびのびとしてる。だから、やりたいようにやらせてもらってたんだなって、改めて感じたね」

戸塚「当時のジャニーズの人気ぶりは、ほんとにすごかったんですよね」

あおい「それも、ジャニーさんの演出力があってこそ。でもさ、当時は何の実績もなかったのに、プロデューサー相手に押し通しちゃうんだから本当にすごいよね(笑)。日劇ウエスタンカーニバルで『アイ・ラブ・パリス』を歌ったときも『なんで“ウエスタン”カーニバルで“パリ”なんだ!?』って、文句言われてたんだよ(笑)」

五関「ジャニーさんって、昔からこだわりがすごかったんですね(笑)」

河合「今ふと思い出したんですけど、僕がレッスン生のとき、下に着るTシャツを忘れたことがあって。裸にパーカを着て、前を閉めて踊ってたら、たまたま見に来てたジャニーさんに『それ前開けて、はだけてやりなよ。そのほうがカッコいいよ!』って声をかけられたんです。それも一種の演出ですよね。それで顔を覚えてもらったんですけど、もしあの日Tシャツを忘れてなかったら、僕はここにいなかったと思います(笑)」

最終更新:10/17(木) 6:03
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事