ここから本文です

サッカーの「VAR制度」による映像判定には、試合のスローダウンと“公平になりすぎる“という問題がある

10/17(木) 12:41配信

WIRED.jp

サッカーのプレミアリーグでも導入が始まったヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度による映像判定。この新しいシステムがサッカーファンにもたらす結果には、プラスの面もマイナスの面もある。試合のスピードを落としてしまい、審判員たちにより厳しい判定をするよう促す傾向もあるからだ。

VARは「ゲームの不確実性」を減少させる

サッカーのプレミアリーグの開幕戦で、リヴァプール対ノリッジ・シティの試合を観戦したイングランドのサッカーファンたちは、リーグの伝統がちょっぴり失われてしまったと感じたかもしれない。

審判員たちはこれまでのように、すべてを見て、すべてを知っているピッチ上の“全能の神”のようには振る舞っていない。これからは、上方から試合を見つめる副審判員のチーム、ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がいるからだ。

今年の夏の女子ワールドカップでは、VARを巡ってさまざまな悶着があったし、VARの導入は「最も美しい競技」と呼ばれるサッカーの試合のペースを落としてしまうという研究結果も発表されているにも。それにもかかわらず、プレミアリーグはついにヴィデオを使った副審判員制度の導入を決めた。なお、プレミアリーグ以外の世界の主要なサッカーリーグは、すでにVARを導入している。

正しい判定のための研究を経て導入

年間60億ドル近い収入のあるプレミアリーグは、世界で最もリッチなスポーツ組織のひとつだ。審判員のペナルティーの判定の影響は、当然のことながら各チームにとって非常に大きなものになる。試合に負けてリーグ内の順位を落としたチームは、次のシーズンには下位リーグに送られる。下位リーグでプレーするということは、チームにとっても選手たちにとっても、収入が減るということだ。

正しい判定のためにプレミアリーグの事務局は2年をかけて、どうすればヴィデオ判定システムを正しく運用できるか研究してきた。それでも今後の試合では、何か妙なことが起きても不思議ではないかもしれない。

「これは大きな決断に関することですから、間違いなくさまざまな議論を巻き起こすでしょう。しかし、それに対する準備はできています」と、プレミアリーグの暫定最高責任者であるリチャード・マスターズはBBCのインタヴューに語っている。

VAR制度では、従来通りの主審1名、副審1名、線審2名に加えて、第5の審判員が審判を行う。「ヴィデオ・アシスタント・レフェリー」という、ぎこちない名前で呼ばれるこの第5の審判員は、ブースに座っていて、試合の撮影のためにピッチの周囲に配置された複数の民間放送のカメラが撮影したヴィデオをモニターする。

ペナルティー、ゴール、オフサイドについての疑問があれば、VARがそのプレーを見直し、フィールド上の主審に対して、サイドラインに設置してあるスクリーンで画像を見るように伝える。主審はそのプレーを実時間またはスローモーションで見たあと、その決定を変えるかどうか決める。

1/3ページ

最終更新:10/17(木) 12:41
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事