ここから本文です

フェラーリ初のPHEV「SF90 ストラダーレ」が日本上陸! 0-100km/h加速は2.5秒

10/17(木) 16:03配信

WEB CARTOP

スクーデリア・フェラーリ90周年を記念したモデル!

 フェラーリは2019年10月9日(水)、ブランド初のPHEVモデル「SF90 Stradale(ストラダーレ)」を日本で初披露した。SF90とはスクーデリア・フェラーリ90周年を記念したモデルであることを表し、Stradaleは公道を意味する。フェラーリがレースで培った技術をロードカーに惜しみなく活かしたとのことだ。

SF90ストラダーレのスペックとその他画像48牧!

 同日行われた発表会でフェラーリのディーター・クネヒテルさんは、「パフォーマンス、テクノロジー、デザインなどすべてにおいて人々の想像を超えるクルマに仕上がっている」と語った。詳細は以下だ。

SF90ストラダーレの走り

 フェラーリ初のPHEVを採用し、内燃エンジンと3基のモーターを統合して駆動する。搭載するV8ターボエンジンは、フェラーリの8気筒史上最高となる780馬力、さらに3基のエレクトリックモーターが220馬力を発生。またパワーをフル活用すべく4WDを採用している。0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速は6.7秒を実現した。

 またフル・エレクトリック・フロントアクスル、RAC-e(電子コーナリング・セットアップ・レギュレータ)を採用。これは電動走行での動力を共有するのみならず、2基のフロントモーターが独立してトルクを制御し、トルクベクタリングのコンセプトを拡張するシステムだ。RAC-eはビークルダイナミック・コントロールに完全統合されており、トルクの配分を管理し、限界域でのドライビングの簡略化に貢献する。

SF90ストラダーレのドライブモード

 以下4つのパワーユニット管理モードが選択可能。

 eDrive:内燃エンジンは停止したままでトラクションは完全に電動フロントアクスルが担う。バッテリーがフル充電の状態から25kmまで走行可能。音が気になる際などに適したモードだ。

 Hybrid:標準的なモードで全体の効率性を最適化するために出力を管理。エンジンが稼動していれば最高出力でドライブすることも可能。

 Performance:このモードでは内燃エンジンが稼動しつづけ、効率よりもバッテリーの充電が優先される。パワーが必要であれば瞬時にフル活用することも可能。より運転の楽しさを味わいたい場合に適している。

 Quality:システム全体の最高出力が発揮できるモード。電動モーターはポテンシャルを最大化(162kW/h)して稼動する。バッテリー充電よりもパフォーマンスを優先する。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 16:03
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事