ここから本文です

バイきんぐ小峠が監修 アバターのためのパンクファッションアイテム

10/17(木) 23:44配信

KAI-YOU.net

イラストコミュニケーションサービス・pixivを展開するピクシブが、“3Dキャラクターのためのファッション”を提案するプロジェクト「VRoid WEAR」第2弾を発表した。

【画像】小峠監修のアバター用“パンクファッション”アイテム

お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二さんプロデュースのバーチャルファッションブランド「EIJI KOTOUGE」とコラボレーションしアバター向けファッションアイテムを無料配布する。

パンク・ロックをこよなく愛し、プライベートでもパンクファッションを着用するという小峠さんのプロデュースでファッションアイテム全5種を共同制作した。

同アイテムは配信プラットフォームやゲームなどの各種VR/AR連携アプリケーションで、自分の分身=アバターとして使って遊ぶことができる。

3Dキャラクターのためのファッション・VRoid WEAR

ピクシブは2018年に3Dモデルを簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio」をリリース。

以降、3Dモデルをほかのユーザーと共有できるプラットフォーム「VRoid Hub」、スマホで3Dモデルを作成し3D空間や現実空間(AR)でキャラクターを撮影できるアプリ「VRoidモバイル」などを発表してきた。

「VRoid WEAR」は”3Dキャラクターのためのファッション”の新たな可能性をクリエイターと共に世の中へ提案するプロジェクトとして開始。

第1弾ではファッションブランド「chloma」とコラボし、chlomaの2019年新作コレクションを3Dモデルとして再構築したアバターを、実際のアイテムとセット販売するなどの取り組みが展開されていた。

アバター×パンクファッション

今回発表された第2弾ではパンクファッションを愛するバイきんぐ・小峠さんとコラボ。

「1人1アバター時代におけるリアルクローズとしてのパンクファッション」をテーマにレザージャケット、スカート、ブーツ、リストバンド、タイツの全5アイテムを共同制作し、アバター向けファッションブランド「EIJI KOTOUGE」のアイテムとして展開する。

また「アバターファッションモデル」としては、小峠さんが司会をつとめるテレビ朝日『超人女子戦士 ガリベンガーV』のオリジナルバーチャルYouTuber(VTuber)・ブイ子さんを起用。

同番組はVTuberが、「地球にはびこる超難解な現象」を解明していく知的情報バラエティ番組。

小峠さんは以前、モーションキャプチャー技術でブイ子さんの中に入り、VTuberとして登場し話題になっていた。

コラボの発表に合わせて「VRoid Hub」ではコラボアイテムを着用したブイ子さんのモデルが公開されており、360度どの方向からでも鑑賞できる(外部リンク)。

さらに、小峠さんへのメイキングインタビューも特設サイトで公開されている。

こちらでは小峠さんがデザインに込めた過去のエピソードやパンクファッションへの想いのほか、「自身がこのキャラクター(ブイ子)になり、網タイツを履く」と突然聞かされた小峠さんの落胆も確認できる。

ゆがみん

最終更新:10/17(木) 23:44
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事