ここから本文です

トヨタが本気で挑む“おひとりさま”の移動用EVとは? トヨタ版セグウェイも!

10/17(木) 19:43配信

GQ JAPAN

第46回東京モーターショーに展示されるトヨタのひとり乗りEV(電気自動車)に注目! なかにはショー会場で体感出来るモデルもある。

【写真を見る】個性あふれるひとり乗りEV、それぞれの特徴とは?

トヨタが手がける3輪自動車

トヨタ自動車(以下、トヨタ)は10月17日、10月24日に開幕する第46回東京モーターショーに展示する、ひとりのりのEV(電気自動車)を4台発表した。

4台のうち1台は、3輪タイプの「TOYOTA i-ROAD」。

2輪車なみのコンパクトなサイズが特徴だ(全長×全幅×全高:2345mm×870mm×1455mm)。シンプルなインテリアには、エアコンやオーディオなどの快適装備はない。

搭載するバッテリーやモーターの詳細は不明。メディア向け資料には最高速度は60km/h、1充電の走行可能距離は約50kmと記されている。なお、TOYOTA i-ROADを運転するには普通自動車免許が必要となる。

TOYOTA i-ROADは、観光地やリゾート地の移動用としても期待されているという。現在、高速バス大手のWILLERとともに北海道(清里町と同斜里町)で実証実験をおこなっており、観光客向けにTOYOTA i-ROADを貸し出しているとのこと(利用条件あり)。

歩行をEVでアシスト

残りの3台はトヨタが「歩行領域EV」と呼ぶタイプ。座り乗りタイプ/立ち乗りタイプ/車椅子連結タイプがある。

座り乗りタイプは、いわゆる“シニア・カー”に近い内容だ。2021年の市販化を目指し開発が進められている。

ボディは全長×全幅×全高:1180mm×630mm×1090mm。速度は3種類(2km/h、4km/h、6km/h)から選べる。1充電の走行距離は10km、充電時間は約2時間とのこと。

立ち乗りタイプは、電動キックボードに近いデザインが特徴。大規模施設内(空港など)の巡回、警備用としての使用も考え開発されたという。

ボディは全長×全幅×全高:700mm×450mm×1200mm。速度は4種類(2km/h、4km/h、6km/h、10km/h)から選べる。1充電の走行距離は14km、充電時間は約2時間30分とのこと。

立ち乗りタイプは2020年冬ごろの市販化を予定している。市販化の前に、東京2020オリンピック・パラリンピックに供される(用途は不明)。

車椅子連結タイプは、名称のとおり市販の車椅子(手動タイプ)に装着して使う。これにより、電動車椅子として使用出来る。

速度は3種類(2km/h、4km/h、6km/h)から選べる。1充電の走行距離は20km、充電時間は約2時間30分とのこと。ちなみに現在、宮城県牡鹿郡女川町で車椅子連結タイプの実証実験をおこなっており、住人向けに貸し出されているという。

TOYOTA i-ROADと歩行領域EVの3台は、第46回東京モーターショーで試乗出来る。試乗会場は、有明エリアと青海エリアを結ぶシンボルロード「OPEN ROAD」。試乗するにはウェブ予約(試乗時間の2時間前から予約開始)が必要になる。

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

最終更新:10/17(木) 19:43
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事