ここから本文です

7人に1人の子どもが貧困の日本。「貧乏は自己責任?」を考える児童書が注目を集める

10/17(木) 16:30配信

webマガジン mi-mollet

 貧困撲滅のための国際デーを児童書から読み解いてみる

10月17日が、国連が制定した「貧困撲滅のための国際デー」だということ、ご存じですか? 恥ずかしながら、本稿を書いている児童書編集者の私は知りませんでした。
ホームページ上の情報を集めてみまして、世界中で苦しむ人々を貧困から抜け出させ、不平等を縮小する方法を、誰もが身近なレベルで考えるきっかけの日――と理解しました。児童書をつくるセクションで働く私からすると、身近、かつ無視できないのは、「子どもの貧困」です(「子どもの、というより、親の、では?」と思ったりしますが)。
日本のおよそ7人に1人の子どもが貧困状態にあります。
この「7人に1人」という数字は、すでに何度か目にされているかもしれませんが、別に子どもたちを救うボランティア団体が算出した数字ではありません。厚生労働省が発表している数字です(「平成28年 国民基礎調査/貧困率の状況」より)。
さらに言えば、ひとり親の子どもの貧困率は50%を超えるそうです。死別、離婚など原因はさまざまでしょうが、両親のどちらかがいなくなった家庭の子どもの2人に1人は貧困状態にあるのです。
今年の10月17日、ドイツのフランクフルトで行われるブックフェアで、ある日本の児童書が、国際推薦児童図書目録『ホワイト・レイブンズ』に加えられることが発表されます。
書籍のタイトルは『むこう岸』、著者は安田夏菜(やすだ・かな)さんです。
ホワイト・レイブンズとは、ミュンヘン国際児童図書館が優れた児童書を世界中の子どもたちに広める目的で作成している図書リストで、今年は59か国、37言語、200作品が掲載されるそうです。日本からは『むこう岸』を含む8作品が選ばれました。
この小説が選ばれた理由は明白です。フィクションとはいえ、日本の子どもたちが直面している「貧困」を描き切った点にあります。国連で決められたSDGs(持続可能な開発目標)のひとつに、「貧困をなくそう」が掲げられていますから、現在の世界で子どもたちに伝えたいストレートなテーマ設定の物語だと言えます。

 

1/3ページ

最終更新:10/17(木) 16:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事