ここから本文です

「父さんは延命処置を望んでない!」ところが、奇跡の回復で…

10/17(木) 9:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

争いが絶えないことから「争族」と揶揄される「相続トラブル」。当事者にならないために、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、相続発生時に実家の扱いで意見が分かれたある兄弟の話を、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

父の治療方針で意見対立…兄弟間に確執が生まれて

今回ご紹介するのは奥様と、二人のお子さんのいるAさん家族。Aさんは高校を卒業の数年後、印刷工場を立ち上げ独立。結婚し、長男、そして次男が生まれたころには、地方にも支店を出すほど会社の業績は右肩上がりでした。

雲行きが怪しくなってきたのは、子供たちが大学を卒業したあたりから。業界そのものが縮小しはじめ、Aさんの会社でも支店を閉鎖。従業員も去り、Aさんと奥さんだけで仕事を続けていました。Aさんはすでに60代後半。「もう会社をたたんだらどうだい?」と長男からすすめられたこともありました。しかし「せめて会社の借金くらい返してからにしないとな」と、仕事を続けていたのです。

そんなある日。Aさんは病に倒れました。病院に救急搬送され一命は取りとめましたが、いつ何が起こるかわからないような危険な状況です。病院に家族全員が集まったとき、家族は延命処置を望むかどうか、医師に聞かれました。そこで家族の意見はわかれました。母と次男は延命処置を望みましたが、長男は望まなかったのです。

「俺は父さんから聞いたことがあるんだ。もしこのようなことが起きたら、自分は延命処置を望まないって」

長男は、Aさんと二人きりで飲みに行ったときに、たまたま延命処置はありか、なしかという話題になったといいます。そのときAさんは「家族の負担になりたくないから」と答えたのです。

長男の言葉に、次男は激しく非難します。

「そんなこと、俺は聞いていない。兄貴は、父さんに死んでほしいの?」

このあとも兄弟の言い争いは続きましたが、最終的にはAさんは延命処置を続けることに。そして奇跡的にAさんは意識を取り戻したのです。

しかしこの一件で、兄弟仲は最悪に。次男はことあるごとに「あいつは、父さんに死んでほしいと思っていたんだよ」と、長男を責めたてました。そんなふたりに対して、母は何も言うことができません。発端となった言い争いも、二人とも父を思ってのことだったからです。ただ時が解決してくれると考えていました。

それから5年。Aさんが急死しました。心臓発作で、家族が駆けつける前には息を引き取っていました。兄弟が顔を合わせるのは5年ぶり。お互い顔も合わせません。そして通を終えた時、また兄弟喧嘩が始まりました。それは今後のことを家族で話し合っているときのこと。

「相続のことなんだけど、家以外、何も残っていないのよ」と母。会社の借金の返済、父の高額の治療費……これらを工面していくうちに、財産はほとんどなくなってしまったというのです。

「ふたりともごめんね。それで家を売ろうと思うの。それも合わせて、遺産を分けましょう」と母。

「母さんが謝ることじゃないよ。でも家を売ったら、母さんはどこに住むの?」と次男が聞くと、「あの家を一人で維持するの、大変じゃない。だから施設に入ろうと思って。大丈夫、ふたりの世話にはならないわ」と母。

「母さんが言うなら、そうしようか」と次男が言うと、長男が「とんでもない!」と言い出したのです。

「父さんは、そんなこと望んでいない!」

「なんでそんなこと、お前が知っているんだよ」

「父さんと二人で飲みに行ったときに、言っていたんだよ。あの家は爺さんから継いだものだから、何としても守っていくんだって」

「父さんがそう言っていた証拠、あるのかよ。何かあれば『父さんが言っていた』って。自分の意見を通したくて、言っているだけだろう!」

「ちょっと二人とも、お父さんの前でやめて!」と母。大きな声を聞き、ほかの部屋で食事をしていた親族が集まってきました。しかし二人の言い争いは終わりませんでした。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 9:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事