ここから本文です

“統一教会”の国際会議に自民党国会議員大量出席、清和会会長が来賓として講演<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第18回>

10/17(木) 8:31配信

HARBOR BUSINESS Online

 10月最初の週末、名古屋市内の高級ホテルで統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連政治団体が開いた国際会議に7人の自民党現職国会議員が来賓として出席した。翌日、愛知県国際展示場で同教団が行った4万人信者大会にも数名の自民党代議士が来賓出席した他、複数の県知事が祝電を贈った。両“イベント”とも主賓は現在の教団最高権力者である韓鶴子総裁。国際会議では政権与党最大派閥である清和会の会長が韓総裁を褒め称え、4万人大会においては地方議員70組が“既成祝福”を受け同教団の信者となった。

⇒【画像】万人の大合唱の中でのパレード後、講演する韓鶴子総裁

政権与党最大派閥・清和会会長が韓鶴子詣で

 10月5日、名古屋城脇に建つ高級ホテル「ホテルナゴヤキャッスル」の大宴会場・天主の間で統一教会関連政治組織UPF(天宙平和連合)が国際指導者会議『ジャパンサミット&リーダーシップカンファレンス(JSLC)/Japan Summit and Leadership Conference 2019 in Nagoya』を開催した。日韓の国会議員、米下院議員、教団や関連団体の幹部らが列席、日本からは安倍晋三首相の出身派閥・清和政策研究会/細田派の会長で自民党の政治倫理審査会会長と憲法改正推進本部長を務める細田博之元内閣官房長官を始め、原田義昭前環境相、奥野信亮、工藤彰三という4名の衆議院議員、そして3人の現役参議院議員、北村経夫、江島潔、島村大に加え7月に政界を引退した伊達忠一前参院議長が来賓として出席した。

 登壇した日本の政治家の発言内容や関連する会議の流れを以下に抜粋する。

◆日本の国会議員を代表して挨拶した原田前環境大臣

「ようこそわたくしどもの名古屋市に愛知県においでいただきまして心から歓迎いたします。韓鶴子総裁をお迎えして日本で国際指導者会議が開催されるのは今回が初めて。いかにわたくしどもにとって名誉なことか」「感動とともに感謝する次第であります」「韓鶴子総裁が指導される平和運動は日本においては過去に勝共運動として知られるようになりました。無神論、共産主義との闘い、救国救世に命を懸ける青年の姿に深く感動したところであります」「心からの敬意を申し上げます」

◆基調講演を行った細田博之衆議院議員

「安倍総理にもわたくしは始終話をしておりますので、今日の盛会を安倍総理に早速ご報告いたしたいと考えております。韓鶴子総裁の提唱によって実現したこの国際指導者会議の場は大変意義が深いわけでございます」

◆韓鶴子総裁を迎える基調講演を行った伊達前参議院議長
「大変皆様にはお世話になり御指導をいただきましたことを心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。韓鶴子総裁の語りにわたくしも強い共感を得ました、感動をいたしました。世界平和のために全てを投入され来日された韓鶴子総裁に心から敬意と感謝をいたしたい」

 伊達の紹介で会場の出席者が総立ちとなり主賓の韓鶴子総裁を迎える。

1/3ページ

最終更新:10/21(月) 9:19
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事