ここから本文です

猪塚健太、北川尚弥らが「サウナ―マン」をネット生放送番組で実況解説! 主演の眞島秀和は「すごく優しい方」 

10/17(木) 18:23配信

ザテレビジョン

眞島秀和が主演を務めるドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない」(ABCテレビ)。『箱入り息子の恋』や『台風家族』を手がけた市井昌秀監督が自ら書き下ろした“サウナ”が舞台のオリジナル脚本で、感情を失って10年間涙を流していない黒柳ヨシトモ(眞島秀和)がサウナでいろんな人と出会い、人間らしい感情を取り戻していく様子が描かれている。山中崇、七瀬公、仁科貴、北川尚弥、森下能幸といったレギュラー陣に加え、猪塚健太、小澤亮太、でんでん、野々村真、パックンマックン、ブラザートム、六平直政、ラグビー選手の山田章仁など、バラエティー豊かなゲストも登場し、気になるドラマとして注目度もグングン上昇している。

【写真を見る】終始笑いっぱななしの実況解説だった

10月16日、そんな「サウナーマン―」をより楽しんでもらおうと、ネット生放送番組『共感シアター』で「秋のサウナーマン祭 第14汗、第15汗を一緒に観よう!」を開催。この企画は、女装パフォーマーのブルボンヌをMCに、第14汗と第15汗に出演した猪塚健太(占い師・泌尿器科医 東堂肇役)、北川尚弥(大学生 稔くん役)、市井昌秀監督をスペシャルゲストに迎えて、本編を視聴しながら実況して楽しむというもの。視聴者の意見もリアルタイムで反映されるところも、この番組の魅力となっている。

第14汗と第15汗は、手相ならぬ“チン相”を診る占い師・東堂肇がサウナに現れ、常連客たちの悩みや過去の出来事をズバズバと言い当てるという物語の前編と後編。リーゼントと額のホクロが印象的な東堂を演じた猪塚は「裸でのお芝居は初めてではないですし、サウナも大好きなのでうれしかったですね。シモ(下ネタ)っぽい役だと聞いて、『サウナだし、裸だから多少“シモっぽい”のはあるでしょう!』って思って脚本を読んだら、ド“シモ”でした(笑)」と驚きながらも、「僕が求めていた役だったので、ありがたいと思いました」と積極的に役づくりをしたと語った。

その東堂に最初に占ってもらったのが、第1汗からずっと“モヒカンをやめるべきかどうか”を悩み続ける、北川演じる“稔”だった。「どんな気持ちで占ってもらったらいいのか分からなくて、途中から猪塚さんに身を預けてました」と告白。猪塚は「占ってもらってるときの北川くんの表情が秀逸! あの顔、大好き」と撮影時を振り返り、笑顔を見せた。さらに「実際の撮影のとき、触らないつもりだったのにちょっと触っちゃったんです」と話し、ブルボンヌも大興奮。ちなみに、東堂が占うときの手つきは“フレミングの法則”と同じ形だが、最初は中指だけを立てる予定だったが撮影のときにいろいろ考えて、その形になったという。

「本当はこの日が北川くんの最終日だったんです」と市井監督。「少しネタバレになりますけど」と前置きをして、「どうしても出て欲しくて、『脚本を足すからまた出て』って伝えたんです」と北川ファンにうれしい情報を漏らしてくれた。

第15汗の最後のシーンで、東堂は占い師だけじゃなく、泌尿器科の医者だとみんなに明かした後、「天、地、我!」と言いながら指を動かして“占い師モード”を解除する。「何か一個、言葉を言ってから占い師モードを解除しようって話をしてたんですけど、ああいうパターンにしました(笑)」と、解除する仕草も本番の際に猪塚自身が考えたアドリブだった。

■ 「眞島さんは座長として、毎回ゲストに温かく入れるようにすごく気を遣ってくれるんです」

本編の視聴を終えた後は、クイズコーナーが展開。猪塚からは「東堂の占いの『天地我ポーズ』で『天』はどの指でしょう?」、北川からは「モヒカン頭の稔くんが好きな音楽は何でしょう?」というマニアックな問題が出題された。正解は「人差し指」と「AKB48」。どちらも正解した人はなんと88人! 猪塚と北川がそれぞれ、1から88までの中から好きな数字を答えて、その番号に該当する2名に「猪塚、北川、市井監督のサイン入りバスタオル」がプレゼントされた。

クイズの合間に視聴者からの質問に答えるコーナーもあり、「出演者の誰に悩みを相談したいですか?」という質問の答えとして猪塚は「眞島秀和」の名前を挙げた。「共演させていただいたのは今回が初めてなんですけど、10年前ぐらいにプライベートで知り合っていたんです。僕は覚えていたんですけど、眞島さんに現場でその話をしたら、『あ!あのときの!』って覚えててくださって。そんな昔の全然誰か分からないような人のことをちゃんと覚えていて、思い出してくれる方だから、すごくいろんなことを親身になって聞いてくれそうだなって思いました」と知られざるエピソードも披露。北川が「眞島さんはすごく優しい方です」と眞島の印象を伝えると、市井監督も「座長として、毎回ゲストに温かく入れるようにすごく気を遣ってくれるんです。だから現場が常に楽しかったですね。きっと『この現場、攻めるから』っていうことも言ってくれてたと思うんです」と現場で感じた眞島の人柄を賞賛した。

最後は、「今日は第14汗、第15汗を観ていただいたんですけど、ちょうど半ばで物語が動いた回でした。これからどんどん面白い話もいい話も出てきますし、TSUTAYAプレミアムで初回から見返すと『実はこことここが繋がってる』とか『これが伏線になってたんだ』という楽しみ方もできるので、引き続き楽しみながら、1話から観てほしいなと欲しいです」(猪塚)、「たくさんいろんな悩みを持った方が出てきて、本当にメッセージ性の強いドラマになっています。“稔くん”もいつ帰ってくるのか、どう帰ってくるのか、ぜひ注目して観ていただけたらと思っています」(北川)、「サウナの中だけ、という限られた空間だけども、まだまだ30汗まで攻め続けます。意外なことが出てきたりしますので、最後まで楽しんでください」(市井監督)というメッセージで締めくくった。

[HEAD}「あの感じてる顔は他では見られないから(笑)」(猪塚)

さらに生放送終了直後、猪塚、北川、市井監督の3人にインタビューを行い、今の心境やサウナへのこだわりについて話してもらった。

――ドラマ本編を見て、それについて話し合うという企画でしたが、いかがでしたか?

北川尚弥「こういう機会ってなかなかないので新鮮でした。『こんなことがあった』って、撮影でのエピソードもたくさん話すことができたので、見てる方も楽しんでもらえたんじゃないかなって思います」

猪塚健太「オーディオコメンタリーはやったことがありますけど、観てくださってる方の反応を見ながら話せるということで、一方的な発信ではないので、似てるようで全然違うものでしたね。ちょうど僕が出た回だったので、今日、ゲストに呼んでもらえて良かったです(笑)」

市井昌秀監督「生のコメントが聞けるのが楽しかったし、このスタイルがもっと進化したり、広まればいいなって思いますね」

――北川さんは初回から出演されていますが、まわりの反響は?

北川尚弥「観た方から『面白かった!』って言ってもらえました。第14汗と第15汗の放送後は『さすがにここまでやるとビックリする』とも言われました(笑)。でも、『ここまで振り切ってやってくれたので、他の作品でも振り切った役を見てみたい』という声もいただいたので頑張りたいです」

――東堂が稔の“チン相”を診るシーン。観終わっても鮮明に記憶に残っています。

北川尚弥「あんな芝居をすることもめったにないので、撮影のときのことは鮮明に覚えています(笑)」

猪塚健太「あの感じてる顔は他では見られないから(笑)」

市井昌秀「こちらの思惑としては、観た方が忘れられないぐらい脳裏に焼きつけたいです」

猪塚健太「個性的なキャラを演じさせてもらいましたけど、あの髪型に助けられましたね。額のホクロしかり、手のポーズしかり、それがあったから自然と佇まいも東堂肇になれました」

――眞島秀和さんと共演してみた印象は?

猪塚健太「本番中に話したように、昔会ったことがあるというぐらいの接点で、お仕事でご一緒させていただくのも初めてなんですけど、持っていたイメージ通り、穏やかで優しい方でした。それに、人をよく見てますね」

北川尚弥「それは僕も思いました。一人で控え室にいたら、眞島さんの方から話かけてくださったりしますし、演じられている“ヨシトモ”とは真逆だなって」

――そう言えば、番組の放送中に3人ともサウナが好きだと言ってましたが。

猪塚健太「はい。昨日、サウナーマンのタオルを持って行きました(笑)」

――それはすごいですね! 何かサウナに関してこだわりはありますか?

市井昌秀監督「僕はサウナと水風呂を何往復もしますね。5往復ぐらいかな? サウナに入った後は水風呂がいいんですよ」

猪塚健太「分かります。近所に水風呂がないサウナがあって」

北川尚弥「え! そんなことあります?」

猪塚健太「そう。『水風呂のないサウナって何だろう?』って思いますよね。シャワーで冷水を浴びるしかないんですけど、それでは満足できません。消化不良みたいな感じだったので、リピートはないです!」

――北川さんは今23歳ですが、サウナは以前から?

北川尚弥「はい、結構前から行ってます」

猪塚健太「早いね。僕はその年齢の頃はまだ良さが分かってなかったかも」

北川尚弥「汗をかく気持ち良さを知ったので」

猪塚健太「それが分かるとサウナ好きになるよね」

北川「僕も、サウナに入って、水風呂に入って、もう1回サウナに入って、『もう限界だな』って思ったところで水風呂に入って。そのあと、露天風呂のところに横になれるスペースがあるので、そこで休むのが気持ちいいんです。

猪塚健太「風が心地いいよね」

北川尚弥「寝てしまうぐらい、リラックスできます(笑)」

――では最後に監督、これからどんなふうに期待して観てもらいたいか教えてください。

市井昌秀監督「第30汗まですでに完成していて、もちろん先の展開も知っていますが、もし、東堂みたいにモードを解除することができて全く物語を知らない気持ちで見たら、自分でも棘いてしまうぐらい、想像がつかない怒涛の展開になっています。短編集で途中からでも楽しめますので、是非最後まで観てください」

(ザテレビジョン・取材・文=田中隆信)

最終更新:10/17(木) 18:46
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ