ここから本文です

日本代表「ポジション別最新序列」 招集全68人を5段階評価…18歳久保の立ち位置は?

10/17(木) 6:15配信

Football ZONE web

“ポスト大迫”の有力候補が不在 トップ下の南野は1トップでもプレーできることを証明

【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
◎=不動
○=スタメンクラス
△=バックアッパー
☆=成長株
◇=未来枠

■1トップ
◎ 大迫勇也(ブレーメン)
△ 永井謙佑(FC東京)
△ 南野拓実(ザルツブルク)
△ 鎌田大地(フランクフルト)
△ 浅野拓磨(パルチザン)
△ 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
△ 岡崎慎司(ウエスカ)
△ 武藤嘉紀(ニューカッスル)
△ 小林 悠(川崎フロンターレ)
△ 杉本健勇(浦和レッズ)
△ 川又堅碁(ジュビロ磐田)
△ 鈴木優磨(シント=トロイデン)
☆ 上田綺世(鹿島アントラーズ)
◇ 前田大然(マリティモ)

 絶対的な存在の大迫と、それ以外の選手の差が激しい。“ポスト大迫”の有力候補が不在のなか、スピードタイプの永井が試合で結果を残し、南野もタジキスタン戦で1トップにポジションを移してから2ゴールを決めている。大迫不在時には両者をベースに、鎌田や浅野、鈴木武蔵らを状況に応じて起用していくことになりそうだ。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

4/4ページ

最終更新:11/20(水) 16:26
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事