ここから本文です

韓国の若者7人が語る「日本への正直な気持ち」

10/17(木) 5:30配信

東洋経済オンライン

 日本から最も近い「外国」は韓国です。私は今年の3月末に調査目的でソウルを訪れましたが、いま韓国は、日本の若者、とくに10~20代女性の多くにとってファッション、コスメ、グルメ、音楽といった分野で流行の先端を行く国である、と言えます。

 一方、韓国の若者たちはどんなトレンドの中で生きているのでしょうか。高校生を中心とした男女7人に集まってもらい、彼らの意識・生活価値観を探ってきました。彼らが直面している社会問題や現政権に対する気分、対日感情、身の回りの流行や恋愛事情から、現在の韓国社会のリアルと実態が浮かび上がってきます。

 日韓関係は緊迫した状況が続いていますが、その一方で、日本の若者も韓国の若者もお互いに切っても切れない関係になりつつある様子が明確に見えてきます。(座談会は3月に実施したものです)

■日本の韓流ブームに対する韓国の若者の反応は

 原田:今日は韓国の若者、とくに皆さんのような高校生くらいの若者がどんな意識なのかを聞きたくて、集まってもらいました。軽く自己紹介をお願いできますか? 

 A君:高校3年生です。プログラムが趣味で、ロボット工学科のある大学への進学を希望しています。

 B君:高校3年生です。学校で日本語を習ったので、少しできます。絵を描くのが趣味で、デザイン系の大学に進学を希望しています。

 C君:高校3年生です。ファッションに興味があって、好きなブランドはイヴ・サン=ローラン。大学ではホテル経営を勉強したいと思っています。

 D君:高校3年生です。趣味は運動で、テコンドー、柔道、ボクシングなど、いろいろやっています。芸術系の大学に進学希望です。

 Eさん:高校3年生です。趣味は絵を描くこと、歌を歌うこと、ゲーム、プログラミングで、卒業後はウェブデザインや本の編集について勉強したいと思っています。

 Fさん:高校は卒業していて今20歳です。大学には行っていません。製パンを学びたいと思っているので、今はその準備をしています。

 Gさん:19歳です。高校は卒業していて、デザインの勉強をしながら進学を考えているところです。

 原田:今の日本の若い女性、とくに君たちくらいの歳の子たちの間では、韓流がものすごくブームになっています。防弾少年団(BTS)をはじめとした芸能・音楽、ファッションやコスメやスイーツやフードがその中心で、日本から韓国に来る女子高生、女子大生も増えるいっぽう。そのことについてはどう思いますか? 

1/7ページ

最終更新:10/17(木) 16:45
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事