ここから本文です

イブラヒモビッチが貫く俺様道。 「王のように来て、伝説として去る」

10/17(木) 6:00配信

webスポルティーバ

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第7回

「異端児」扱いされながらも、溢れる才能を見せてファンにものすごく愛されてきたサッカースターたちがいる。前回のカントナに続き、今回もあの「破格」のプレーヤーを紹介。

2004年のユーロでポルトガルをけん引したルイ・コスタ

◆ ◆ ◆

「オーディションは受けない」

 マルメのユースチームでプレーしていたころ、アーセナルから「トライアルを受けてみないか」と誘いがあった。

 マルメはスウェーデンの名門クラブだが、アーセナルとなれば格もサラリーも違う、飛躍の大きなチャンスである。ところが、17歳のズラタン・イブラヒモビッチは「オーディションは受けない」と、誘いを一蹴してしまった。

「俺のことを知りたいということは、本当に俺を欲しがっているわけではないからね」

 後にそう説明している。そう言われればもっともな感じもするが、10代でこの自尊心の高さは、いったいどうしたことなのかとも思ってしまう。

 ボスニアから来た男とクロアチアから来た女がスウェーデンで出会い、そこでズラタン・イブラヒモビッチは産まれた。スウェーデン人だがスウェーデン人の血は入っていない。

「人はそうであるように生まれてくる」

 俺は俺だ――イブラヒモビッチの生きていくうえでの軸といっていい。

「人と違っていても、可能性が最少に思えても、何とかなるぜ。俺が証明している」

 貧しい少年時代を過ごした。疎外感の中で、人は誰でもひとりだという事実に早く気がつく。競争に勝たなければ尊重されないということも。プロになってから行く先々でことごとくタイトルを獲っていった。

「俺のエゴはエッフェル塔みたいにデカイと言われる。反論はしないが、チームが勝ちとったトロフィーが真実を語っているんじゃないかな」

 エリック・カントナが「カントナ」を演じ続けたように、ズラタン・イブラヒモビッチも「ズラタン」であることに強い執着があるようだが、意外とバランス感覚も持っている。

「俺はバカなことをしてきたし、ミスもたくさんやってきたが、すべてから学んできた。今でもミスはするが、まだ学び続けている。誰も完璧じゃない」

 その一方で、「自分の完璧さに笑いが止まらない」とも言う。ただ、後者はアスリートとしての自分に対してだ。速くて強く、巧くて賢い。たしかにズラタンはプレーヤーとしてすべてを持っている。

1/3ページ

最終更新:10/17(木) 6:05
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事