ここから本文です

屈辱を糧に。中山雄太はセレソンを 奈落の底に突き落とした

10/17(木) 6:10配信

webスポルティーバ

アレナ・ペルナンブーコの観客をどよめかせた渾身のミドルシュートが、"セレソンの卵"たちを奈落の底に突き落とした――。

【写真】見逃し厳禁の世界美女アスリート10選

 ブラジルのレシフェで行なわれたU-22日本代表対U-22ブラジル代表戦。2-1と日本が逆転して迎えた68分、右サイドで田中碧(川崎フロンターレ)のパスを受けた中山雄太(ズヴォレ)が「打つと決めていた」と、迷うことなくスムーズにシュートへと持ち込むと、左足に弾かれたボールは横っ飛びした相手GKの両手の先を過ぎ、ゴール右隅に突き刺さった。

 右手でガッツポーズを繰り返しながら、ベンチ前の仲間たちのもとに駆け寄ると、殊勲のキャプテンを中心に歓喜の輪が広がった。一方、ピッチの上では、前半まで遊び心あふれるプレーを披露していたサッカー王国のエリートたちが、なかば放心状態で自陣のゴールを見つめていた。

 中山にとって、今回のブラジル遠征は、ふたつの点で大きな意味があった。

 ひとつは、所属クラブで出場機会を掴めていないにもかかわらず、代表に招集されたという点である。

「本来なら、あまりないケースですよね」と中山がつぶやく。

 今年1月にオランダのズヴォレに加入して2シーズン目。ヴィレムⅡとの開幕戦で左サイドバックとしてスタメンの座を掴み取り、第2節のユトレヒト戦では希望するボランチで2試合連続スタメンを飾った。

 だが、好事魔多し――。最高のスタートを切った矢先に負傷に見舞われ、戦線から離脱するとともに、U-22日本代表の9月の北中米遠征も棒に振った。9月29日に行なわれた第8節のPSV戦からベンチに入るようになったが、まだポジションを取り戻すには至っていない。

 それにもかかわらず、今回招集されたことに、中山は感謝の思いを隠さない。

「自チームで結果を出して(代表に)呼ばれるというのが大前提のなかで、出られていないのに呼んでもらって、すごく光栄というか。逆に言えば、『自分はやれる』ということをしっかりプレーで証明して、チームに貢献しないといけないと思っています」

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 12:01
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事