ここから本文です

メンズメイクの現在地と未来とは? 見えてきた2つの販売戦略

10/17(木) 14:00配信

WWD JAPAN.com

「WWDビューティ」10月17日号“メンズメイク特集”の取材で印象的だったのは、どの取材先でもインタビュー中に「シャネル(CHANEL)」と「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」の名前が出たことだ。前者は著名なラグジュアリーブランドが参入したことに、後者は色展開だけで100SKUという“本気度”にインパクトがあったからだろう。

【画像】メンズメイクの現在地と未来とは? 見えてきた2つの販売戦略

また、メンズメイクの新製品は最近多く発売され始めているものの、販売戦略においてはまだまだ“手探り状態”であることも分かり、だからこそ先行する上記2つのブランドに注目が集まったともいえる。取材先で「〇〇の新製品を試してみました」とか「〇〇のサロンに行ったことあります」など、他のメンズメイクブランドの製品やサービスをリサーチしているという話題になることが多かったからだ。もちろん、同業他社をリサーチするのは当たり前だが、今回ほど熱心に語られたことはこれまでになく、各社が他社の動向から何かを得ようとしていることが判明した。

同カテゴリーのトップランナーの1つである「ファイブイズム バイ スリー」に至っても「パイオニアであるだけに、どんなプロモーションが良いのか本当に手探り状態。でもメンズビューティはスピード感が命なので、今は走り続けるつもり」(森田由美「ファイブイズム バイ スリー」ゼネラルマネージャー)と話している。

"“タッチアップ”を中心としたプロモーション"

実際に取材をしてみると、販売戦略に関して2つのメソッドが主流になりつつあることが分かった。1つは“タッチアップ戦略”だ。“男性は女性以上に体験から学ぶ”ということを理解し、販売戦略の最優先事項に“タッチアップの機会を作る”ことを挙げる取材先が目立った。女性は中学生くらいからメイクに触れるが、男性は今初めてという30~40代も多いだろう。だから女性以上に、というのには納得する。特に「ファイブイズム バイ スリー」はイベントの規模の大小にかかわらず、“アーティストがレクチャーした上でのタッチアップ”にこだわり、ブランドのローンチから1年間継続してきたという。男性でもタッチアップしてもらうと気分がアガる。これは筆者も同感だ。

1/2ページ

最終更新:10/17(木) 14:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事