ここから本文です

TBS古谷有美アナが“手つなぎ”IT長者と破局 本人を直撃

10/18(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 TBSの古谷有美アナウンサー(31才)が交際していたIT企業「Origami」の康井義貴社長(34才)と破局していたことがわかった。

【別写真】直撃に弾けるような笑顔の古谷有美アナ

 古谷アナは今年3月、アシスタントを務めるラジオ生番組『土曜朝6時 木梨の会。』を、寝坊のため遅刻。それから2か月後の5月、写真週刊誌『FLASH』に、康井社長との“京都手つなぎデート”をキャッチされた。

 自局ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の劇中に登場する絵本のイラストを手掛けたり、7月には自著『you & me 女子アナの私、普段のワタシ』(双葉社)を発売するなど、多才ぶりを発揮。ポカもありながら、仕事もプライベートもそれなりに充実しているように見える。ところが…。

「どうやら康井社長とは、10月上旬までに別れたようなんです」(TBS関係者)

 7月の著書発売イベントの際には、康井社長との結婚について記者に聞かれると「タイミングがいずれ合えばいいなとは思います」と赤裸々に告白。玉の輿へ視界良好だったはずが一転、破局とは。何があったのか?

「古谷さんとの性格の不一致と言いましょうか。彼女はおおらかな性格。ラジオ番組の遅刻なども、そんな彼女らしい失敗なんですが…、一方の康井社長は、バリバリの金融マン。カナダ生まれのニューヨーク育ちで、高校時代に自ら会社を立ち上げるなど、やり手中のやり手です。新卒で入ったリーマンブラザーズは、すぐに経営破たんする不運でしたが、スマホ決済サービスの会社(Origami)を立ち上げるなど、時代を先取りして大成功を収めています。キッチリした康井社長との性格の違いに加え、以前にも増して多忙になってしまい、歯車が噛み合わなくなってしまったようです」(前出・TBS関係者)

 古谷アナの同期・吉田明世アナ(31才)は3年前に結婚し、今年1月に退職。今はフリーアナ、1児の母として充実した日々を送っている。そんな同期のリア充ぶりに、焦りも感じたのだろうか? 前出イベントで古谷アナは「うちの親も高齢になっているので、孫の顔を見せられる日が来たら」とも語っていたが…。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 19:01
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事